31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s
犬の関節炎を治療する場合、外用手術と薬で治すという治療法があります。

犬は4本の足で体の体重を支えるため、激しい運動や肥満体系になることで足への負担を増やしてしまうことも考えられます。

足に負担がかかり過ぎてしまうことで、関節が炎症を起こしてしまい関節炎を引き起こしてしまうと考えられています。

犬の関節炎の投与で使用される薬とは?

犬の関節炎の投与で使用される薬は、関節痛を抑え炎症を軽減させる鎮痛剤が含まれている薬を使用することが多いです。

投与で使用される薬は、一般的に非ステロイド性抗炎症薬で別名NSAIDとも言われています。

犬の症状の状態や関節炎によっては、ステロイドや麻薬のようなより強力な薬を使用する場合もあるようです。

これらの他に痛みをコントロールすることや軟骨の破壊を防止するために、軟骨保護剤という薬を使用して悪化を遅らせることも出来ます。

関節炎の初期症状が出ている犬に対しては、軟骨保護剤はとてもよく効くという傾向があります。

スポンサードリンク

関節炎の痛みを緩和することが出来るものとは?

鎮痛ハーブやエッセンシャルオイルの中には、関節炎の痛みを緩和できるものもあります。

痛みを緩和できるものにはナツシロギクや甘草、ウコンやエッセンシャルオイルなどがあります。

ナツシロギクは抗炎症であり、片頭痛や関節炎などに最も一般的に使用されているハーブの一つとなっています。

犬の体重10キロ当たり、1日2回12滴のナツシロギクを犬に与えるようにすると効果的だと言われています。

甘草は体の免疫力を損なうことなく、関節炎の痛みを和らげることができる効果的な抗炎症薬となっています。

痛みを軽減したり、関節から生じる関節腫脹を軽減させることが出来ます。

ウコンには抗炎症作用がありコルチゾンにひってきすると考えられています。

ウコンは関節炎の治療に効果的となっていて、安全な方法としてはウコンの栄養サプリメントを犬に与えることが出来ます。

また、乾燥したウコンを犬の食べ物である料理やドッグフードなどの上に、振りかけて使用することも出来ます。

エッセンシャルオイルにはラベンダーやペパーミント、シナモンやローズ、ローズマリーやジンジャー、ユーカリなどの香りがあり関節炎などの痛みの治療薬として使用できます。

エッセンシャルオイルは直接肌に塗ってマッサージオイルとして使用できるようになっています。

カイエンヌはハーブの一種で、痛みをブロックし循環を増加させる能力を持っていますが、クリームや軟膏の物が多くなっています。

このため、カイエンヌは人間の治療で最も頻繁に使用されているのですが、犬の場合はクリームや軟膏を直接肌に塗ることが出来ないため、痛みを緩和させる手段としては使用できません。

このように人間で使用できる薬と犬に使用できる薬には違いがあります。

病院では犬に適した治療方法を考えてくれるので、関節炎が疑われる場合は病院で見てもらい医師の治療方針に従いましょう。