8e8aeaee2940ea38d8018792ec89939b_s

道の駅では宿泊禁止、タープも出せないし調理もダメ

キャンピングカーでの自由な旅は、どこで寝泊まりしようと勝手で、好きなようにして良いわけではありません。

公共の場所では一定のルールがあります。

道の駅は、休憩や仮眠のための施設であり宿泊施設ではありません。

道の駅を利用する方は、キャンピングカー利用者だけではないのです。

最終目的地までの途中で休憩をする方や、高速道路で長く運転した疲れをとるために少し休息する方などさまざまです。

なので、その場で終日過ごしたり、連泊をするのはマナー違反です。

また、タープを出したり、駐車場のスペースを利用して調理するのも禁止です。

スポンサードリンク

キャンピングカー旅行者用「RVパーク」について

旅の仕方は皆さんそれぞれ異なりますよね。

最近では、他の旅行者の方々にも迷惑をかけずに、キャンピングカー旅行者の利便性を考えた動きが徐々に増えてきています。

「RVパーク」という名称は、キャンピングカー旅行者のために一般社団法人日本RV協会が設置した、車の中でも寝泊りできる専用の有料宿泊エリアです。

値段は場所により異なりますが、大体1,000円~3,000円位です。

設置場所は、道の駅や温泉や旅館施設の1画に設けられていて、普通の駐車場よりも余裕をもったスペースがあります。

設置場所により使えるサービスは異なりますが、一般的に一週間位はその場で寝泊りできます。

24時間使用できるトイレや、100Vの電源が使える設備、ゴミ処理ができるなどさまざまです。

その場所によっては、レストランや入浴施設などもあり、車での旅をより快適にできる可能性があります。

基本的には予約なしで使えますが、一部の場所では事前に予約をする必要があるので、旅行の出発前に事前チェックが必要です。

しかし、車外での調理や直火を使用したバーベキューなどは禁止されています。

キャンピングカー利用者だけではない一般の方も利用できる仕組みになっています。

将来的には、全国でRVパークの設置を拡大できるような流れですので、くるま旅をする方にとっては良いニュースです。

今旅行計画中の方は、ぜひhttp://www.kurumatabi.com/rvpark/をチェックして充実した旅にしましょう。

なお、キャンピングカージャーナリストであり、それ専門のフリーライターかつ専門誌への執筆や著書も出されている渡部竜生さんをご存じですか。

ご自身もキャンピングーご愛用者であり、その道のプロと呼ばれている方です。

この方の書く情報には、経験と知識に基づいた本物があります。ぜひインターネットで検索してみてください。