2369bdbf45a79e7e50ab4a5219331782_s

キャンピングカーでシャワーを浴びる時に温水はでるの?

設備が整っていれば、車内でもシャワールームで温水が使用できます。

旅行中にキャンピングカーで好きな時に使えたら便利ですよね。

国産キャンピングカーにシャワー設備を取り付ける場合は、スペース上の問題もあり比較的コンパクトなサイズが多いです。

シャワーの際に使用する水をためておく給水タンク、および給水タンクと同じかそれ以上の大きさの排水用のタンク、そして温水にするボイラー設備が必要です。

大体一人あたり平均して20Lは使います。

カップルではその倍、4人家族では約100L位です。

シャワーを浴びた後の水は、排水用のタンクに流れ込む仕組みです。

その排水用タンクの処理は、どこにでも流して良い訳ではありません。

公共のルールを守りながら処分してください。

スポンサードリンク

キャンピングカーで温水シャワーを利用するメリットとデメリット

キャンピングカーのシャワーは、メリットとデメリットの両方があります。

まずメリットでは、自由にいつでもどこでも使用できるところです。

しかも、温水シャワーで旅の疲れをいやして、すぐにくつろぐことができます。

毎回旅行の度に、温泉地を探さずに済みます。

長く運転して遠い温泉地へ行くよりも、車内にあれば時間を節約できて非常に便利です。

その一方で、いくつかの準備や時間を費やす作業があります。

一般的に、国産のキャンピングカーにシャワー設備が全て完備されているのは稀です。

車内のスペースが少ないため、オプションの一つとしているところが多くなります。

実際のところ、お風呂は温泉地などの外部施設を利用する場合が多いです。どちらが合っているかは、皆さんの価値観により異なります。

スポンサードリンク

これからキャンピングカーを買う方へ

購入を検討している方は、車内でシャワーを利用する場合に必要となる設備や後処理にかかる時間や手間、また大体の費用を事前に計算しましょう。

全てを完備したキャンピングカーを購入する方も中にはいます。

しかし、必要最低限の装備がされている車種を選んで、使用していくうちに本当に使うのであれば、オプションとして追加するのも一つの案です。

またコストを重視している方は、車内のシャワー設備と外部の温泉地を利用した場合で、どの位の差が出るのかを計算してみてください。

旅行の回数が多い方や、そうでない方など旅スタイルはそれぞれ違います。何に重きを置くのかご家族でも話し合った上で、納得のいく快適な車の旅にしましょう。