c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

犬のアトピーを治す方法としては、薬で症状を緩和させる薬物療法、アレルゲンを特定し排除する食事療法、スキンケアを目的としたシャンプーがあります。
ここでは犬のアトピーを治す方法を種類別に見ていきましょう。

薬で犬のアトピーを治す

症状によっても治す方法は変わってきますが、アレルゲンを摂取し続ける異常、アレルギー症状は改善されませんので、アレルゲンを特定して、排除する事が重要です。

痒みや炎症がひどい時は、副腎皮質ステロイドや、抗ヒスタミン剤で症状を抑えます。

薬にも種類はありますが、対処療法に過ぎないため、根本的な治療にはなりません。

根本的な治療をするには、アレルゲンを排除する事が一番です。

スポンサードリンク

フードローテーションで犬のアトピーを治す

犬のアトピーも肌の乾燥や、皮脂の過剰分泌など種類があります。

症状によってシャンプーを使い分けながら、スキンケアも取り入れていきます。

一番重要であり、犬のアトピーを治す方法として有効なのが、食事療法です。

アレルゲンを特定できれば、それを排除する事で、アレルゲン症状を抑える事ができます。

アレルゲンとなる食材により、フードローテーションも有効です。

フードローテーションというのは、アレルゲンが特定されていない時にも取り入れますが、時間が必要な事、ただドッグフードを変えればいいというわけではありません。

例えば牛肉がアレルゲンだった場合は、他の肉ならアレルギーが出ない可能性があるので、鶏肉、豚肉、羊、馬など他の肉を原料としたドッグフードをローテーションしていくという感じです。

ただしこの方法では、アレルゲンを摂取してしまう事もあるため、アレルギー検査をしておく方が、アレルゲンを特定しやすく安心です。

スポンサードリンク

シャンプーで犬のアトピーを治す

犬のアトピーを治す方法としてシャンプーでのスキンケアがあります。

シャンプーは皮膚を清潔に保つ目的もありますが、使うシャンプーの成分や、洗い方にもポイントがあります。

アトピーの場合は、低刺激で肌に優しいシャンプーを選びます。

乾燥がひどい時は保湿力の高い成分を配合した物、ベタつきがひどい時は余分な皮脂を洗い流す物を選びます。

かさぶたがあるような場合は、シャンプーの時に引っ掻いてしまわないよう注意します。

薬用シャンプーはすぐに洗い流さず、成分を肌に浸透させる必要がある物もあります。

使い方は説明書きをきちんと読み、正しく使いましょう。

乾燥がひどい時はシャンプー以外に、保湿力の高い成分を配合した外用薬を使う事もできます。

こういった外用薬は動物病院で処方してもらえます。