d4bd19a8d9333f1b24fdb5393babf5cd_s
犬の湿疹には症状に合わせて薬での治療が可能です。

ただし薬は炎症や痒みを鎮めるために使う物で、湿疹ができる原因を確かめ、それを改善しない事にはすぐにぶり返してしまうでしょう。

湿疹には薬での治療もできますが、薬は対処療法にしか過ぎません。

治療をするには、湿疹の原因を確かめ予防と改善が重要になります。

犬の湿疹の原因を特定する

犬の湿疹で考えられる原因としては、アトピー性皮膚炎、ノミやダニなどのアレルギー、感染症、食物アレルギーなどがあります。

まずは湿疹ができた原因を確認しましょう。

それに応じて対処法は変わってきます。

痒みや炎症を伴う湿疹には、ステロイドや抗ヒスタミン剤が有効ですが、副作用のリスクもあり、長期間の使用には不向きです。

症状がひどい時に使用するのが理想です。

スポンサードリンク

犬の湿疹の治療法

治療には薬を使うというイメージがありますが、薬よりもシャンプーなどのスキンケアや、食事の見直し、サプリメントを取り入れた体の中からのケアも有効です。

症状が軽い場合は、薬を使わずに食事の見直しだけでも改善される事がありますし、サプリメントを取り入れ体質改善をすると、予防効果も期待できます。

犬の湿疹は体質も関係しているので、免疫力を高めアレルギーを起こしにくく、症状を悪化させない、強い体つくりも重要です。

また獣医によって得意分野と不得意分野があります。

犬の湿疹は原因によっては、治療に長い時間が必要な事も多く、初期に正しく原因を確認しないと間違った治療をする事もあるので、症状を悪化させてしまいます。

犬の湿疹は、皮膚の病気に関して経験と知識が豊富な獣医を探しましょう。

薬を使う事で辛い症状を緩和させる事もできますが、長期間の使用は犬の体に負担を掛ける事があります。

どの治療法が有効かは個体差もありますが、治療にかかる負担を考え、適切な処置ができる獣医を探す事も大切です。

皮膚のトラブルに強い獣医は、食事療法やサプリメントを取り入れた対処法にも詳しく、病院でも療法食やサプリメントを扱っていますので、自分の犬に合った物を選びやすくなります。

犬の湿疹に対処する方法として、薬で症状を抑えたり緩和させたりという以外にも、シャンプーを使ったスキンケア、サプリメントを取り入れる体質改善、アレルゲンを排除する食事の見直しと管理があります。

どの方法がいいかは個体差もありますので、適切に見極める事が重要となります。

もしも治療をしてもなかなか改善しない場合は、セカンドオピニオンも考えてみましょう。