d55c83cd3f1521c514be298150358035_s

愛犬のアトピーは治療をすれば治るのでしょうか?

これは個体差もありますし、体質や飼育環境などの違いも関係してきますが、根気よく治療を続けていけば、完治は難しくてもつらい症状を抑える事はできます。

考え方としては人間のアトピーと同じです。

犬がアトピー性皮膚炎と判断されたら

まずアトピー性皮膚炎と診断された場合は、治療も重要ですが、アレルゲンを特定し、それを排除する事が重要です。

何にアレルギー反応を起こすのかを確かめれば、アレルギー症状を起こす原因を排除できるからです。

いくら病院で治療をしても、アレルゲンを摂取し続けている限り、症状は改善されませんし、完治もありません。

アレルゲンを知るためには、アレルギー検査を受ければすぐに特定できます。

少し費用はかかりますが、フードローテーションよりも手っ取り早くアレルゲンを特定できるので、ドッグフード選びにも役立ちますし、何よりも犬に辛い思いをさせずに済みます。

アレルゲンが多く、市販のアレルギー用ドッグフードでは対処できない場合は、手作りドッグフードを食べさせます。

犬のアトピーも人間と同じで、体質改善を目指す事で、症状の緩和や改善が見られます。

中にはアレルゲンを徹底して排除する事と、適切な治療を続けた事で完治する場合もあります。

完治は無理でも、症状を抑える事ができれば犬も辛い思いはしません。

強い痒みを伴う場合は、ステロイドの使用を考えます。

ステロイドは悪い物というイメージを持たれがちですが、濃度にも種類があるので、症状に合わせて種類を選ぶ事で、副作用のリスクは軽減できます。

即効性があるので、激しい痒みを伴う時はステロイドも有効です。

スポンサードリンク

犬の肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥は犬のアトピーの症状を悪化させます。

これは人にも共通している事ですが、肌が乾燥しきっていると外部刺激から肌を守る、バリア機能が低下した状態です。

乾燥により痒みが増し、引っ掻く事で炎症を起こし二次感染させてしまう可能性が高くなります。

肌が乾燥している場合は、保湿力の高い低刺激のシャンプーで体を洗うのも有効です。

アトピー性皮膚炎やドライスキン用のシャンプーを選べば、刺激を与えず皮膚に潤いを与える事ができます。

手作りドッグフードなどでアレルゲンの排除は可能となりますが、この場合どうしても栄養バランスが悪くなってしまいます。

この場合はサプリメントで不足しがちな成分や栄養を補えば、栄養バランスの偏りはある程度改善できますし、体質改善にも役立ちます。