e863b6b547982d26a7e1106b625b531e_s

犬にできるかさぶたの考えられる原因

犬の皮膚にかさぶたができている場合、単なる湿疹と軽視せず、必ず原因を確かめましょう。

皮膚にかさぶたができる原因としては、ツメダニ皮膚炎、疥癬、脂漏性皮膚炎、膿皮症などが考えられます。

他にもノミやダニに刺されてアレルギーを起こしたり、アトピー性皮膚炎でもかさぶたができたりする事があります。

犬の湿疹があり、かさぶたができている場合は、かさぶたを見つけたらすぐ動物病院に連れていき、適切な治療を受けさせてください。

疥癬の場合は人にも移るので、注意が必要です。

原因によりかさぶたの状態も違っていますので、原因毎の状態を知っておくと見分けやすいです。

ノミやダニによるアレルギーの場合は、ゴワゴワとしたかさぶたができます。

刺されたところは赤くなるので、痒がる時は毛をかき分け皮膚を確認しましょう。

ノミは人にも寄生するので、駆除を徹底します。

ツメダニ症は、ツメダニが原因です。

白いかさぶたができるので、見分けやすく、白いフケが動く場合は、フケの下にツメダニがいる可能性が高いです。

ダニの駆除も大切ですが、飼育環境をキレイにする事も大切です。

膿皮症は、黄色ブドウ球菌が原因です。

黄色ブドウ球菌は皮膚に常在している菌ですが、免疫力の低下や加齢で体力が衰えると発症しやすくなります。

初期は赤い発疹ですが、次にかさぶたができ、中央が黒く変化していきます。

脂漏性皮膚炎も常在菌である、マラセチア菌が原因となります。

全身の皮膚に脂が浮きベタつきます。

黄色いかさぶたができるので、ベタつきと黄色いかさぶた、全身の湿疹やかさぶたがある場合は、脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。

疥癬はヒゼンダニが原因です。

強いかゆみがあり、全身に広がります。

疥癬は人にも移るので、一緒に寝ていると人にも移り、猛烈な痒みを伴います。

かさぶたは赤黒く、フケが出て激しい痒みが特徴です。

スポンサードリンク

犬のかさぶたは早い処置で治る

いずれの場合も早めに動物病院に行って治療をすれば、悪化指せる前に対処できます。

痒みを伴う場合は、引っ掻いてしまい二次感染指せる事があるので、かさぶたに気づいたら早めに対処する事が大切です。

治療をしても寝床にノミやダニがいるとすぐに再発しますから、部屋の掃除や寝床の掃除も徹底します。

人に感染した場合は、皮膚科に行けば治療してもらえます。

このように犬の湿疹にも原因によって、かさぶたの色や形、大きさは異なります。

湿疹ができているという事は、必ず原因がありますので、出来るだけ早く原因を確かめ適切な対処をしてください。