efa51956306a74b2eb28024c68761f84_s

犬のアレルギー症状の原因

犬のアレルギー症状は、原因によって症状は異なります。

例えば食物アレルギーの場合は、全身に湿疹が出る事もあれば、目の周りや口の周り、お腹や股の付け根、耳など部分的に湿疹ができる事もあります。

大抵の場合、痒みを伴うので犬は我慢できず、血が出るまで掻きむしってしまいます。

この場合は直ちにアレルゲンを排除しないと、アレルギー症状は改善されません。

食物アレルギーの場合は、毎日同じ物を食べているほど、発症する可能性が高くなると言われていますので、そういった可能性を軽減させるためにも、フードローテーションは重要です。

またフードローテーションを行う事で、アレルギーテストをしなくても、アレルゲンを特定する事ができる場合もあります。

犬のアレルギーで多いのが、アトピー性皮膚炎です。

スポンサードリンク

犬のアトピー性皮膚炎

この場合も湿疹ができますが、アトピー性皮膚炎の場合は、人間と同じで強い痒みを伴う傾向がある事、全身に湿疹が広がりやすい事などもあって、治療と予防、体質改善が重要となります。

最初は部分的な湿疹でも、放置してしまうと症状が全身に広がっていくので、早めの対処が重要です。

アトピー性皮膚炎は薬での治療も可能ですし、肌の炎症を鎮めたり、保湿して乾燥を防いだり、皮脂の過剰分泌によるベタ付きや、皮脂の酸化を防ぐ効果が期待できる、シャンプーも取り入れます。

湿疹ができている場合は、痒みがあると全身を掻きむしってしまいますので、エリザベスカラーや、包帯を使い引っ掻くのを辞めさせる事も必要です。

症状がひどい場合は、副腎皮質ステロイドを使う事で、炎症を抑える事ができます。

ステロイドにも種類があって、濃度が薄い物を使えば副作用もそれほど気にせずに済みますし、即効性があるので、痒みや炎症がひどい時には有効的です。

ただし素人判断で使用するのは危険なので、必ず獣医師に相談して、薬の使い方も医師の指示に従いましょう。

スポンサードリンク

犬のアレルギーを食事で改善する方法

湿疹が出ていても、食事の見直しをする事で改善できる事があります。

まずはアレルゲンを特定して、アレルゲンを排除します。

炎症や湿疹がひどい場合は、同時に薬による治療も併用します。

必要に応じて薬浴やシャンプーを取り入れる事で、湿疹も治って行き、痒みや炎症を抑える事ができます。

犬のアレルギー症状は、治療して完治しても、根本的な原因を改善しないと再発する事が多いです。

原因を確認して、再発予防に努める事が大切ですから、食事の見直しや生活環境の改善も取り入れましょう。