f5ba18fbd15b96d09c5a9dd33883e39a_s

犬のアトピーには薬での治療も有効ですが、食事の見直しも欠かせません。

ドッグフードにも種類があって、アトピーの犬にはアレルゲンが多く含まれているものもあります。

こういう時ドッグフードの見直しも大切ですが、アレルゲンを摂取し続けている限り、ドッグフードを変えてもあまり意味がありません。

まずはアレルゲンを確認してそれを排除する事を優先します。

アレルゲンを含まない理想的なドッグフード

アレルギーテストは動物病院でやってもらえます。

少し費用はかかりますが、アレルゲンの特定が可能となるので、その後の食事管理にも役立ちますし、犬もアトピーの症状が緩和されるのでメリットは多いです。

アレルゲンの特定ができたら、アレルゲンを含まないドッグフードを探してみましょう。

ただし犬にも好き嫌いがあるため、アレルゲンを含まない飼い主にとっては理想のドッグフードでも、犬が好んで食べてくれないと意味がありません。

最初に大袋を買わずに、お試しサンプルやお試しサイズがあったら、それから試しておくのがおすすめです。

食いつきがよく、アレルギー症状も出ないようなら、そのドッグフードに切り替えていきます。

しかし理想のドッグフードを見つけても犬が好んで食べてくれない場合は、少し飼い主の手作りドッグフードを混ぜて食べさせるのもひとつの方法です。

スポンサードリンク

手作りドッグフード

アレルゲンとなる食材は使用せず、食べられるものの中から適当に食材を選び、野菜は消化がよくなるように細かく刻み、よく煮込みます。

肉も食べられそうならアレルゲン以外の物を、味付けせずに野菜と一緒に煮込めば、手作りドッグフードの完成です。

手作りのドッグフードをトッピングすると、犬も喜んで食べるようになる事がありますが、ドッグフードを食べない場合は、手作りだけにしてみましょう。

飼い主は少し手間がかかりますが、アレルゲンを排除できるので、症状を悪化させる心配はありません。

手作りドッグフードを食べさせる場合は、アレルゲン以外にも犬に食べさせてはいけない食材を使用しないようにします。

玉ネギ、ネギ、ニラ、ホウレン草、チョコレート、魚介類や甲殻類、生の肉など犬にとって毒になる物、食中毒を起こす可能性がある物は出来るだけ避けておきます。

中には卵や大豆、牛乳がアレルゲンとなる事があるので、食材選びにも注意が必要です。

犬は肉食動物ですから肉があれば良いと考えがちですが、栄養バランスを考えて手作りする事も大切です。

ドッグフードとの併用が可能なら、手作とうまく組み合わせていくと便利です。