f26c29946e1829e805ee2d7835b06ad4_s
犬にもアトピー性皮膚炎があり、薬で治療をする事ができます。

しかしアトピーにも症状の違いはありますし、使用する薬も犬により効き目は変わってきます。

犬のアトピー性皮膚炎に使う薬

一般的には副腎皮質ステロイドや抗ヒスタミン剤を使いますが、これらの薬は副作用のリスクもあり、長期間の使用には不向きとなります。

ステロイドに関しては、ステロイドそのものが悪い物というイメージがありますが、ステロイドにも種類があって、濃度が濃い物は、高い効果が期待できる反面副作用のリスクも高くなりますが、濃度が薄い物をうまく取り入れる事で、辛い痒みや炎症を抑える事もできます。

これについは獣医師とよく相談をして、リスクなども考えた上で使用するのが一番です。

ステロイド全てが悪いものではありません。

抗ヒスタミン剤に関しては、アレルギーの治療にも使用されますが、これにも種類があって、中には長期使用ができる、作用の弱い種類があります。

炎症を起こす元になる成分をブロックする効果が期待できるので、アトピー性皮膚炎の症状がひどい時には有効です。

犬のアトピー治療に、インターフェロンを使う事もできます。

インターフェロンを使う事で、バランスを崩している免疫力をコントロールして正常に導く効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎でもかなり症状がひどく炎症が激しい時に、インターフェロンを使う事が多いです。

インターフェロンも症状によっては有効的ですが、一見副作用が強いイメージがあるものの、意外と副作用のリスクが低いところも注目される理由となっています。

ただし安易に犬のアトピーの治療にインターフェロンを使う事は出来ませんから、ここも飼い主と獣医師がよく話し合い、納得できる方法を見つける事が大切です。

スポンサードリンク

犬のアトピー性皮膚炎の種類

犬のアトピーにも種類があって、肌が乾燥するタイプと、皮脂の過剰分泌でベタつくタイプがあります。

タイプによっても治療法は異なります。

獣医業界でも薬の開発などが進んでいて、今は犬のアトピー治療に使う新しい薬なども登場しています。

今まではステロイドが多く使われてきましたが、ステロイドに比べて副作用が少なく、即効性があり、効果が長く持続するというものもあります。

ただし犬のアトピー治療には、動物病院や獣医師による考え方の違いもあるため、ある程度治療を続けても改善が見られない場合は、犬もセカンドオピニオンを考えてみましょう。

新しい治療薬を取り入れている動物病院に相談してみるのも、ひとつの方法です。