f712037ab0fc35eb7bd5caf56d0294ef_s

犬のアレルギーを治療する場合は、最初に原因を確かめる事が大切です。

犬のアレルギーと言っても、原因により治療法が異なりますので、原因に合った治療をしないと症状が悪化してしまいます。

また原因を特定する事により、アレルゲンがはっきりするので、アレルゲンを遠ざける事もできます。

犬のアレルギー治療の方法

犬のアレルギーの治療については、原因によっても異なりますが、主に薬物療法と食事療法、がメインとなります。

薬物療法は、痒みや痛みがある場合には有効ですが、あくまでも対処療法にしか過ぎないため、これだけでは根本的な解決にはなりません。

ただし痒みや痛みを伴うアレルギーは、犬も辛い思いをしますので、辛い症状を和らげるには有効的な方法です。

アレルギー症状にもいろいろありますが、湿疹が出ている場合は抗生剤の注射や、外用薬を塗って炎症を抑えます。

なかなか改善しない場合は、免疫系に働きかけるインターフェロンを使う事もあります。

ただしこれらの治療は長期間の治療には不向きですし、症状を抑える対処療法に過ぎません。

治療というと薬を使った方法をイメージしますが、犬のアレルギー治療は食事療法も有効です。

アレルゲンを排除して、体質完全を目指せば、アレルギーに強いカラダ作りができますし、アレルギー症状を起こすリスクも軽減できます。

これにはアレルゲンの特定が必要不可欠となります。

動物病院に行けば血液を採取して、アレルギー検査をしてもらえます。

最近は犬のアレルギー検査も新しい方法が増えていて、採血せずに毛を数本送るだけでも検査をしてくれる機関などもあります。

ただし検査をする場合は、費用がかかります。

動物病院は健康保険がないので、若干費用が高めです。

スポンサードリンク

費用を抑えて犬のアレルギー治療を治す方法

もしも費用を抑えたい場合は、少し時間がかかりますが、痒みや痛みは動物病院で治療を受けながら、飼い主さん自身が行う、フードローテーションという方法があります。

アレルゲンになりそうな物を単体で与え続ける事で、症状からアレルゲンを特定するという方法です。

ただしこれには長い時間が必要ですし、正しい知識がないと正確に判断出来ません。

動物病院に相談する事もできますが、アレルギー症状がひどい場合は、手っ取り早いアレルギー検査でアレルゲンを特定して、早めにアレルゲンの排除をしてあげる事が大切です。

いずれにしろ、犬のアレルギーの治療はかかりつけの動物病院で、獣医さんと相談しながら進めていきましょう。

食事療法は一生続け、完治してからも予防が大切です。