650d5d9247213325e013703893222018_s

まずはアレルギーの原因を特定する

犬のアレルギー性皮膚炎がある場合は、アレルゲンの特定と排除も重要ですが、同時に治療を進めていきます。

犬のアレルギー性皮膚炎にもいくつか原因がありますので、まずは原因を特定します。

考えられる原因としては、ノミやダニ、感染症、食物アレルギーやアトピーなどがあります。

原因によって治療法は異なりますので、最初に犬のアレルギー性皮膚炎の原因を確かめましょう。

これは動物病院に行けばすぐにわかりますが、犬のアレルギー性皮膚炎の治療は動物病院によって大きく変わってしまいます。

一般的には炎症を抑える注射や、痒みを止めるステロイドや内服薬を使用しますが、薬には何らかの副作用もあります。

犬のアレルギー性皮膚炎は、原因によってはすぐに改善できる事もありますが、中には治療に時間がかかるケースもあります。

この場合対処療法に過ぎず、副作用のリスクが高い治療を続けるのは犬の体に大きな負担をかけてしまいます。

炎症がひどい時はそういった処置が必要なケースもありますが、長期間に及ぶ治療は、犬のアレルギー性皮膚炎の専門医に治療をしてもらう事をおすすめします。

犬のアレルギー性皮膚炎の治療については。獣医師によって全く対応が違いますが、専門医なら治療効果を考えつつ、犬の体に負担を書けない治療法を提案してくれます。

これには病院での治療以外に、自宅でのケアも含まれます。

スポンサードリンク

自宅でのアレルギーケアの方法

自宅でのケアは主に食事療法とシャンプーになりますが、飼い主さんが携わる事で知識が身につき、予防や改善にも役立つのがメリットです。

犬のアレルギー性皮膚炎の原因によって治療法は変わりますが、多くの場合食事、つまりドッグフードに含まれる成分が関係しています。

オメガ3脂肪酸を摂取する事で、アレルギー症状が和らいだり改善したりする事が確認されています。

抗酸化作用のある成分も、アレルギーの治療には有効とされていますが、これらはドッグフードだけでは補いきれません。

こういう場合はサプリメントから補う事で対処できます。

犬のアレルギー性皮膚炎用のサプリメントは、動物病院でも扱っていますし、必要な成分を教えてもらい通販で取り寄せる事もできます。

原因や症状によっては、病院でも薬物治療が必要になる事もあります。

それに加え、自宅でのケアをプラスする事で、犬の体にかかる負担を軽減させる治療が可能となるのです。

シャンプーも肌を清潔にするために欠かせない事ですが、犬のアレルギー性皮膚炎専用シャンプーを使えば安心です。