786b0f56235f1a0f258f1493f0db3cd8_s

アレルゲンを特定する

犬のアレルギーにはいくつかの原因がありますが、最近増えているのが食物アレルギーです。

人間と同じで、食物アレルギーがある犬は、アレルゲンとなる食物を食べ続ける限り、アレルギー症状は改善されません。

痒みを伴えば犬も辛い思いをしますし、中にはアナフィラキシーショックを起こしかねない、重篤な食物アレルギーもあります。

食物アレルギー対策には、ドッグフードの見直しが重要です。

食物アレルギーがある場合は、アレルゲンの特定が必要です。

これは動物病院でアレルギー検査をすれば、アレルゲンとなる食物を特定できます。

アレルゲンが特定できたら、その食物は食べさせられませんから、ドッグフードを選ぶ時は、原料や材料を細かくチェックして、アレルゲンを含まない物を選びます。

犬の食物アレルギーの原因となるのは主に、肉類、とうもろこし、大豆、小麦、乳製品などです。

低アレルギー処方と書いてあるドッグフードを与えるのもひとつの方法ですが、仔羊肉やアレルギーが出にくいと言われている鶏肉がアレルゲンの場合、この種のドッグフードは症状を悪化させるのでNGとなります。

スポンサードリンク

動物病院や専門機関でアレルギー検査をしてもらう

動物病院や専門機関でアレルギー検査をしてもらうのが一番確実ですが、これには少し費用がかかります。

ただしアレルギー症状が重篤な場合は、自分では対処しきれませんし、時に命に関わる事もあるので高くてもアレルギー検査で、アレルゲンの特定をする事をおすすめします。

もし症状が軽くそれほど緊急性がない場合は、自宅で対処する方法もあります。

これはフードローテーションといって、アレルゲンになりそうな物をピックアップして、単一メニューとして、与え続ける方法です。

期間は10週間から12週間を目安にします。

これによりアレルギー症状が改善したか、悪化したかがわかりますので、ある程度アレルゲンを特定する事ができます。

アレルゲンが特定できれば、それを排除する事で犬のアレルギー対策ができます。

最近はアレルギー対策用のドッグフードも増えていますし、アレルゲンを指定してそれだけ排除するオーダーメイドのドッグフードも登場しています。

ただし、特別なドッグフードはどうしても材料や原料にこだわる分、価格が高くなってしまいます。

愛犬の健康を守るためには必要不可欠な事ですが、アレルゲンが特定できていれば、飼い主さんが手作りしたドッグフードを与える事もできます。

いろいろな方法があるので、愛犬にとってベストな方法を見つけてください。