o0800106613678447163

登山の定義ってなぁに?

登山は、山に登ること広く指す言葉であるが、主に、頂上を目指して登ることをいう。

高い山を上るから低い山を登るものまでさまざまあり、整備された登山道を歩くもの、登山道のないところを登るものがある。

そのため、日帰りの登山もあれば、何日もかけて登るものもある。

また、ザイルやハーケンなどを使って岩を登る「岩登り」や、ピッケルなどを使う「雪山登山」があり、登る山によって使用する道具も異なる。

 

トレッキングが楽しくなってきたら次にチャレンジしたくなるのが本格登山ですよね。

私も今までいろんな山に登ってきましたが、犬連れで登ってらっしゃる方にも結構すれ違います。

こういったところでは同じ趣味を持つもの同士、話に花が咲いてすぐに打ち解けあえるのが醍醐味です♪

ハイキングやトレッキングでももちろん、犬と登山をするなら持って行った方がいいものがあるのでご紹介しておきますね。

スポンサードリンク

犬と山登りに持って行きたいアイテム

1、ザック…これは犬用のザックです。できれば体の両サイドに物が入れられるタイプがオススメです。

この中に犬のおやつや飲み物、あるいは本犬のウンチなどを入れて担がせるんです。

すると登山道で人とすれ違う時に、自分の荷物は自分で担いで登ってるということで同じ「山登りの仲間」意識が芽生えるようで、反応や対応がまるっきり変わってきます。

 

2、ドッグキャリーハーネス…愛犬がもしも登山中に怪我をしたらあなたは担いで下りられますか?

小型犬でも抱っこして下りるのはとても大変です。

ですからドッグキャリーハーネスを持参するようにしてください。

肩がけタイプや背負うタイプなどいろいろあります、あなたと愛犬にあったタイプのものを選んでください。

例えばドッグキャリーハーネスですら担いで下りられない場合は?

犬は人間のようにレスキューしてもらえないのですべて飼い主の責任です。

最悪の場合も考えて連れて行ってくださいね。

 

3、ペットスエット…大塚グループから出てるペット版ポカリスエットが「ペットスエット」です。

ペットの体液に近い電解質組成で水分・ミネラルをすばやく補給することができるので、水だけを飲むよりも体液に近い組成でイオンが含まれた「ペットスエット」を飲んだほうが、失われた水分・ミネラルが素早く体に浸透するのでオススメです。

 

この他にも犬用の靴やテーピングなども持参しておくと便利ですよ^^

 

足裏を怪我して自力で歩ける場合に履かせます。

富士山の砂礫地帯を歩くときに持って行ったのですが、安物だったせいかすぐボロボになってしまいました。

ソールが人間のシューズと同じ、しっかりしたものを選んでください。

初めて履かせた時は変な格好で歩きますが、すぐ慣れて普通に歩き出します。

事前に練習しておきましょう。

スポンサードリンク

最後に

山に登る前にその山がどんな山なのかを、しっかり下調べしてから準備していくと安心ですね。

また夏山はマムシなどの毒蛇や熊にもにも気をつけてください。

日頃からもしも熊に遭遇したらどうすべきか考えておき、毒蛇の対処法も知っておくといざという時に慌てなくて済みます。

少しづつ標高を上げ、距離を伸ばしていろんな山にチャレンジすることで、愛犬と一緒に山登りを楽しんでください^^