b0c98a81a2140de15211beda54fd8808_s
ドローンが、様々な場面で活躍していることを知っている人も多いと思います。

男性の中には昔からラジコンが大好きで、ドローンも操縦してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、ドローンを操縦するためには免許がいるのではないか、と心配になっている人もいるかもしれません。

ドローンの操縦には免許が必要になるの?

ドローンを操縦している姿は、とても格好良く、響きも良いイメージで聞こえます。

ドローンの操縦には免許が必要になるのではないかと思ってしまう人も多くなるでしょう。

ですが、ドローンを操縦するためには免許や資格などを持つ必要はありません。

ドローンを操縦するためにはメーカーが定めている年齢制限を守れば、誰でもドローンを飛行させることができます。

一般的なラジコン飛行機やラジコンのヘリコプターと同様で、免許や資格は一切必要ないため、遊びの一環として楽しむことができるようになっています。

現状では、ドローンを操縦するために免許は必要ありませんが、ドローンを飛行させるには規制を守ることが必要となるでしょう。

スポンサードリンク

上手なドローンの操縦者になるためにはどうすれば良い?

免許は必要がないということですが、ドローンを上手に飛ばすためには独自で技術を磨いていくしかないのでしょうか?

ドローンを操縦するだけなら、日中練習して上手くドローンを操縦できるようにするか、本を購入して知識を高めていくかしかありません。

人よりも早く技術を向上させるためには、ドローンの知識を頭に入れるようにすることで技術も一気に上がります。

上手なドローンの飛ばし方を取得したいのであれば、トライ・アンド・エラーを繰り返していくことで、実践に近いスキルが身につくのではないかと考えられます。

練習時間を費やすことができるのであれば、操縦のスピードを上げたりすると、上達するスピードも速くなると思います。

徹底的にドローンの技術や知識を習得したいのであれば、ドローンのパイロットスクールを利用するのも良いでしょう。

ドローンのパイロットスクールでは認定資格を出しているところもありますので、他人よりもドローンについての知識を得ることもできるでしょう。

スポンサードリンク

最近ではソーシャルネットワークを使ってドローンの仲間を増やす人もいる!?

ドローンを操縦してみたい、もっとドローンを操縦する技術を上げたい、意識を増やしたいと考えている人はとても多いです。

最近では、SNSやコミュニティーなどのソーシャルネットワークを利用して、ドローンを持っている人と交流を増やしたりしている人もいます。

このような方法でドローンの仲間を増やすことによって、直接技術や知識を教えてもらえますので、独自に技術を上げていくよりも上達が早くなります。

ある程度の操作方法を教えてもらったり、ドローンの詳しい飛ばし方を習得できるチャンスになるでしょう。

このようにドローンを操縦するだけであれば、免許や資格、認定試験も不要となります。

ですが個人的にドローンを飛ばす場合でも、航空法ができたことによって、規制には気をつけなければならないこともあります。

場合によっては、ドローンを飛行させるのに許可が必要になってしまうこともありますので、これらには特に注意しながらドローンを操縦するようにしましょう。

これらを守らないと法律違反となってしまうこともあり、書類送検や罰金30万円程度を支払わなければならなくなることもあります。

規制や許可取りには、特に注意する必要があるといえるでしょう。

これらに注意していれば、ドローンを個人的に飛ばすことも可能になりますので、広い場所で練習して技術を上げていきましょう。