e573afd47ac7709ba3aeb4bbbc37197c_s
何かと話題になることが多いドローンですが、最近では空からの撮影を行う目的でドローンを飛ばしている人もいます。

しかし、きちんと規則を守って飛ばすことができない場合は、法律で引っかかり罰金や書類送検をされてしまうこともあります。

規則には様々な条件がありますので、地図を確認しながらドローンを飛行させる必要もあるでしょう。

ドローンは簡単に操縦でき、興味を抱いている大人が多い

男性は、幾つになっても子供だといわれていて、歳を得てもラジコンなどで遊びたいという気持ちを捨てきれない人もいます。

そんな中ドローンという機械が開発され、無人で飛行させることができると発表されました。

ドローンは、人が行くことができない環境でも撮影することができるため、日本だけでなく海外でも話題となっています。

最近では、絶景を撮影するためにドローンを飛ばしたいと考えている人もいます。

ドローンは資格や免許などが必要ないため、技術があれば個人的に絶景を撮影することも可能になります。

今までに見たこともないような景色がドローンで撮影できるかもしれないこともあり、ドローンの使用は幅広くなっています。

スポンサードリンク

ドローンを飛行させるなら2015年に定められた規則の意味を知っておく

個人的にドローンを飛行させたいと考えている人はとても多いため、ドローンを飛行させる規則に対する知識を増やしておく必要があります。

ドローンは、どんな場所でも飛行させることができるというものではなく、時には地図を片手にドローンを飛行させた方が良い場合もあります。

メディアでも注目されたことでご存知の方も多いとは思いますが、2015年12月に航空法が定められました。

これにより、航空法の規則に従ってドローンを飛行させなければならなくなりました。

航空法が設けられたのは、首相官邸にドローンが落ちたり、人の集まるお祭りの混雑しているところにドローンが落ちたことにより定められています。

このように、ドローンによって事件に発展したものが目立ってしまったため、厳しい規制が必要になり法律が定められてしまいました。

スポンサードリンク

個人的に飛行させるために覚えておかなければならない規則とは?

個人的にドローンを飛行させたいのであれば、正しい規則の知識を覚えておく必要があります。

個人的な絶景の撮影や飛行が目的であったとしても、この航空法の規則に従って撮影や飛行を行うことが義務となっています。

重量が200g以上あるドローンに関しては、住宅が多い人口集中地域である場所や目視外飛行、人や物の30m以内の飛行は規則によって禁止されています。

また、夜間の飛行や空港の近くを飛行させること、電線や電柱の近くでドローンを飛行させることも禁止です。

このような様々な条件でドローンには規制がかかり、特に人口密集地域の都市部では、ほとんどが対象になってしまうので注意する必要があります。

簡単な気持ちで、庭先ならドローンを飛行させても大丈夫だろうという浅はかな思いでいると、規則によって違法になってしまうこともありますので、ドローンを飛ばす場所には注意が必要です。

ドローンを飛ばすのであれば、地図を見ながら空港の近くではないか、住宅が多い人口集中地域がないかを確認し、飛行させた方が安全であるといえるでしょう。

このようにドローンを飛行させるためには、厳しい様々な規則が設けられています。

もっと詳しく住宅が多い人口集中地域かどうか調べたい場合は、国土地理院図の人口集中地区をクリックして、確認をしてみた方が良いでしょう。

地図で赤い表示がされているエリアは人口集中地区となってしまうので、この場所はドローンを飛行させないように注意しましょう。

誤ってドローンをこの場所で飛行させてしまうと、規則違反となってしまい罰金を支払わなければならなくなります。

飛行禁止エリアが一目でわかる地図サイトです→SORAPASS