7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

ドローンに関して興味がある、知識を増やしたいのなら、検定試験を受けた方が良いでしょう。

ドローンにはドローン検定というものがあり、機体に関しての知識を覚えることができます。

機体に関しての知識は、ドローン検定を受けるためだけに必要になるものではなく、後に自分のアレンジしたドローンを飛ばせるようになることもあります。

ドローン検定試験は1〜4級まであるが問題集は?

ドローン検定の試験は、一番最低ラインの4級から最上級の1級まで受けることができます。

試験では1〜4級までの試験を受けることができるようになっているのですが、問題集で知識を増やす勉強をしておくと合格しやすくなります。

ドローン検定は50問で、4択のマークシートで回答していく形です。

ドローン検定は1〜4級までありますが、今現在で問題集が発売されているのは3級だけです。

ドローン検定の問題集はドローン検定協会で購入することができ、3級の問題集は2200円+税で購入が可能です。

スポンサードリンク

初級者用のドローン検定4級の試験内容を覚えるには?

初級用と呼ばれる4級のドローン検定の勉強をする際は、問題集が存在しないため、逆にかなり難しくなってしまうこともあります。

4級では、ドローンの専門用語を覚えたり、機体特性やドローンの操作などを暗記する必要があると考えられます。

ドローン検定4級に受かるためには、初心者であっても完全に暗記する他に合格する秘訣は存在しないといっても良いでしょう。

無線工学について勉強したいのであれば、高校の物理の知識があれば、周りの人よりは多少有利になるかもしれません。

また、ドローン検定の試験ではフレミングの法則やオームの法則などから、問題が出される場合もありますが、出題数はそれほど多くはありません。

ですので、これらの問題が苦手だという人の場合は、この近辺の問題は捨てるつもりで他の出題を完璧に解けるようにしておきましょう。

問題集がないと勉強することが難しい場合は、初級アマチュア無線の問題集を見ながら勉強しても良いと思います。

スポンサードリンク

問題集を丸暗記するのも良いが実戦で覚えることも大切

問題集からだと、機体特性や航空学、気象学や電波法、航空法について詳しく解説されています。

しかし、ドローン検定ではドローンの操作や管理に関する問題も出題されます。

これらは、頭で理解するというよりは実戦で学んだ方が頭にも入りやすく、手っ取り早く覚えることができるでしょう。

ドローン検定を受けたいと考えている人の場合は、大半がドローンを操縦したことがある人や、ドローンに興味がある人ですので、実践で学んだ方が覚えやすいのではないかと考えられます。

また、ドローン検定ではドローンを操縦するために必要な無線の電波についても勉強しなくてはなりませんので、多少は難しい勉強になってしまうことも考えられます。

ですが、無線の電波についても丸暗記するだけですし、マークシートで4択から選択できるようになっていますので、ドローン検定の試験自体は暗記をしていれば比較的簡単なのではないかと考えられます。

このように、ドローン検定に関する問題集は様々に用意されているのですが、販売されている問題集自体に限りがあります。

従ってどのように勉強したら良いのかが、分からなくなってしまうことも多くなるのではないかと考えられます。

ドローン検定の公式HPでは、問題と解答を見ることができるようになっていますので、これをダウンロードして勉強するのも1つの手になると思われます。

この問題であればドローンに関する知識を覚えられますので、検定試験を受けたいと考えている人にはおすすめになるかもしれません。