o0800060013679899660

仲間がたくさんいて、愛犬も連れて行けるならこの夏ラフティングに挑戦してみてはいかがでしょう。

ラフティングとは2~12人が乗れるゴムボートで主に急流を下るための乗り物です。

ラフトボートはインフレータブルカヤックよりもはるかに安定性が良いので、よほどの激流でも簡単には転覆しません。

時々転覆しているのを見かけるのは、ガイドがわざと転覆するように操作しているからです。

その方が面白いですからね^^

ですがワンコとラフティングを楽しむならそんなに激しい急流には行けません。

なにより転覆しないように心がけるべきです、そうしないと水嫌いなワンコはトラウマになってもう二度と川で遊んでくれなくなるかもしれません…

犬とラフティングに参加

この日はカヤック仲間が近場の川でラフティングをするというので参加させてもらいました。

o0800060013679901148

仲間が大勢いるのでむぎの面倒は見てもらい、私はカヤックで参加させてもらうことに。

気の置けない仲間がいるというのは本当にありがたい。

途中、幾つかの瀬を越え、最後に割と大きな瀬も越えましたがラフトボートは難なく突破。

割と距離が短くて時間もたっぷりあったので、もう一度同じところを下ったほど楽しかったです。

通常のラフティングはペット不可です。

まあ安定してるとは言え、危ないですからね^^;

でも仲間なんていないわ~という方も大丈夫!

探せばワンコと一緒にラフティングが楽しめるイベントってあるんですよ?

スポンサードリンク

愛犬とラフティングが楽しめるガイド付きツアー

少しネットで調べただけでも奥多摩利根川木曽川で開催されている事がわかりました。

犬用のない可能性もあるので準備していくと安心です。

昔は利根川のイベントしかなかったと思うのですが、増えているということはそれだけニーズがあるということなんでしょうね^^

また本当に楽しいのでリピーターさんも多いのだと思います。

私の場合は本格的にカヤックを始めてしまったのでラフティングはもういいかな?って感じですが、むぎと一緒に楽しめるならまた行くかもしれません♪

こうして愛犬と一緒にアウトドアスポーツを楽しめる時間はそんなに長くありません。

人間より早く年を取ってしまうので犬種によっては本当に短い期間しか楽しめない場合もあると思うんです。

限られた時間の中でどれだけたくさん愛犬と一緒に楽しみ、たくさんの思い出を作れるのか?

後悔のないように!これが私の一番強く願っていることです。

飼い主次第で犬の人生は変わります。

庭に繋がれっぱなしで散歩にも連れて行ってもらっていないようなワンコを見かけると胸が苦しくて悲しくなります><

それでもきっとあの子は飼い主さんの事が大好きなんだろうな、と思うと切なくなります。

中にはお出かけが大嫌いで家でのんびりしてるのが好きなワンコもいます。

飼い主がアクティブならアクティブなワンコがやってくると思うんです。

ぼく、ママのところに来てよかった!

いっぱい遊んでもらって楽しかったよ!って思ってもらいたいから、今日もむぎと一緒にお出かけします♪

こちらは海外のようですが、結構な激流で見てるこちらもドキドキです♪