o0800060013679697842

冬にスノーボードを楽しんでる方は愛犬と一緒に山を滑ってみませんか?

私は毎年冬になるとスノボを楽しんでいます。

愛犬と一緒に遊べるスキー場とは?

むぎと一緒に滑りたい!と思った時に、スノボだとちょっと難しいかもしれない、と思いわざわざスキー板をレンタルしてむぎと一緒にペットOKのスキー場へ行ったこともありました。

ですがやはり初心者がいきなりリードを持って滑るのは難しすぎたようです。

スノボなら長年やってるからまだこっちの方がイケるかな?とも思いましたが、エッジで可愛いむぎを怪我させてしまいそうで怖かったんです。

そんな時に友人に「閉鎖されたスキー場に滑りに行こう!」と誘われました。

閉鎖されたスキーで滑れるなんて知らなかったのでビックリしました。

ようは昔はスキー場として営業していたけど今は営業されていないということです。

勝手に入ってもいいのか?という問題もあると思いますが、私たちが行った元スキー場はロープや鎖などで封鎖はされておらず、駐車場も使えるようになっていました。

何より無料で遊べるスキー場として近所の方には憩いの場になっていた様で、お昼近くになると小さな子供連れの家族が大勢遊びに来ていました。

そこで私はノーリードにして一緒に滑ったらどうか?と思いついたわけです。

スポンサードリンク

愛犬のことを知るいいきっかけになった

当然リフトはありませんから、自分の足で登らなくてはいけません。

o0800060013679968629

スノボのブーツにスノーシューを履いて斜面を登るのはかなりきつく、もう一度登ろうとは思いませんでした^^;

朝早く行ったので、山頂には私と友人以外に一人で来た男性しかいません。

男性の方はさっさと滑って降りて行ったので、私はむぎのリードを外し、よし行こう!

と滑り出したら思いの外むぎが全速力で駆け下りていくので付いていけません(焦)

そして早々に下に着き、待っててくれるのかと思いきや、どっかに消えていなくなってしまいました…

慌てて降りると子連れの家族がめっちゃいて余計焦りました。

むぎは人に飛びついたり噛みついたりするような子じゃないけど、きっとあんなデカイわんこ(15、6キロ)が猛スピードで走ってきたらビビるに違いありません><

恐る恐る「すみません、犬が走っていくのを見かけませんでしたか?」と聞くと

すると「ああ、嬉しそうにあっちの方へ走って行きましたよ~」と言います。

何人かに声をかけるとみなさん同じ方向を指差します。

みんなが指差す方へ行ってみるとそこは駐車場で、車の前でちょこんと座って待ってくれてました^^;

これを機に、むぎはどこかへ行っても車のところで待っているということがわかり、それ以来、車を停めた場所が車の通らないようなところであればノーリードで走らせています(人気のない山奥限定です)

それからは他のご家族と同じようにソリで遊んだりして帰りました。

o0800060013679975087

これがホントの犬ぞりw

ハラハラどきどきでヒヤヒヤしましたが、むぎの事を知れる良いキッカケとなりました。

最後に

ここが営業されてるようなスキー場であれば怒られてるところですが(もちろんそんなところでノーリードにはしません)みなさん無料で遊ぶ仲間?だからか、寛容的でした。

みんなが遊んでるからといって、入ってよかったかどうかは未だにわかりませんので、ここのスキー場の名前は伏せさせていただきます。

閉鎖されたスキー場は正直オススメできませんが、もし行かれる場合は自己責任でお願いしますね。

数は少ないですが、ペット可のスキー場もあるにはあります。

ただ可能だったところが急に不可になったりすることもあるので、毎年スキー場に確認をしてから行く様にしてくださいね!

こちらはワンちゃん自身がボードに乗ってます。

凄いですね!