ノンスタイルの井上さんがタクシーと衝突した後、逃げたとされる事件。

「大丈夫だと思った」などと言っていた様ですが、どんな理由であれぶつかっておきながらそのまま逃走するなんて、人としてどうなの?という話ですよね。

ブサイク芸人としての地位を不動のものとし、ポジティブに頑張る姿は好感が持てたので好きだっただけに「どうして?」という気持ちでいっぱいです。

井上さんにも見て欲しいドラマ

先日、免許の更新手続きで運転免許センターに行ってきたのですが、この事件を知って、その時に見た講習ビデオのドラマが脳裏に浮かびました。

親子2代に渡って和菓子屋を経営する一家の物語です。

ある日、三代目を期待される小学生の息子がトラックにはねられ病院に運ばれます。

驚いた家族が病院に向かいますが、怪我は大したことないとのことでホッと一安心。

その様子を見ていたトラックの運転手が「申し訳ありませんでした」と頭をさげるのですが、怒り心頭の二代目である父親は運転手を怒鳴り、手を上げかけた父親を家族が止めに入ります。

息子が元気に学校生活に戻ったある日、前からサッカーボールを買ってあげると父親が約束していたので、今日は仕事終わりに買って帰るよと息子に約束し、息子は大喜び。

配達に時間がかかり、時間を見るともうお店が閉まる直前。

父親は急いでサッカーボールを買いに車を走らせます。

道が混んでいたので裏道を選んだ父親。

順調に車を走らせていた時、突然横から出てきた男性に接触してしまいます。

慌ててブレーキを踏むも、何を思ったか父親は周りをキョロキョロ見て、その後そのまま走り去るのでした。

しばらく走った後、「俺は何をやってるんだ!」と我に返り、現場に戻るとそこにはたくさんの野次馬に囲まれた意識不明の男性が倒れています。

そのまま警察での事情聴取。

戻ってきたとはいえ、一旦その場を離れるのは「ひき逃げ」になるのですよと警官に厳しく追及されます。

その後、意識不明の男性が亡くなったことを取調室で知らされます。

1代目のおじいさんが亡くなられたご家族に謝罪をしに出向きますが、「帰ってください!」と話すらさせてもらえません。

スポンサードリンク

一瞬の魔が自分のみならず家族の人生まで狂わす

ここから和菓子屋一家の人生は大きく変わってしまいます。

夫の代わりに嫁が配達に行くのですが、配達先での対応に暗く沈む姿。

和菓子屋に馴染みの常連客が来て「今回は大変だったねえ」と気遣うも、帰り際「そうそう、頼んでおいた紅白饅頭なんだけど・・・」

「わかっているよ、キャンセルしておけばいいんだろう」

予定表のホワイトボードはどんどん真っ白になっていきます。

息子は息子で「父親がひき逃げ犯の息子だ!」と影口を叩かれ、サッカーボールでみんなで遊ぼうと公園に行っても、友人は避ける様にみんな何処かに消えていなくなってしまいます。

家族は全員、生活するのさえ辛く、厳しい現実を目の当たりにするのです。

あの時、急いでいなければ、あの時、逃げていなければ、あの時、あの時、、、

父親は後悔の念に駆られますが、もう後戻りはできません。。。

と、こんな感じの物語でした。

一家離散、家庭崩壊となってもおかしくない様な出来事ですが、ドラマでは残された家族で支え合い、助け合って二代目の帰りを健気に待っていた様です。

講習用に作られたドラマとはいえ、見ていて辛くなってしまい、気づけば涙がこぼれ落ちていました。

この講習ビデオは全国でやっているのか、それとも関西方面のみなのかは分かりませが、井上さんもこの講習ビデオを見てれば魔がささなかったのでは?と思った次第です。

ちなみに父親役に野村宏伸さんが出演していて、切羽詰まった感の演技に引き込まれました。

ノンスタイルの井上さんもきっと後悔されたことでしょう。

しかも助手席にはスーパーマラドーナの武智が乗っていたというではありませんか。

普段お笑いをあまり見ない私ですが、たまたま「Mー1グランプリ2016」をみてスーパーマラドーナを知った時、どんでん返しがとても面白くて、これはブレイク間違いなしだなと思っていただけに、このことが今後彼らにどの様な影響を及ぼすのかと思うと心配でなりません。

幸いにもタクシーの運転手さんが「もうこれ以上井上さんを責めないであげて」と言ってるとのことですので、これ以上の騒ぎにはならないで済みそうです。

ですが、井上さんは当面活動を自粛するとのことで、事実上の謹慎処分の様ですから、いつ復帰されるのか気になります。

有名人にとって代償は本当に大きいですね。

それにしてもこのビデオの方の様に、相手の方が亡くなるほどの大事故にならなくてよかったなと思いました。

井上さんは独身の様ですが、ご両親や身内の方も辛い思いをされてるのではないかと推測します。

今後は自分が有名人だということを忘れず、恥じない行動を取ってもらいたいものです。

井上さんの1日も早い復帰を願っています。