illust

いつのころからか定着し始めた恵方巻。

気がつけば私も毎年欠かさず食べています。

そもそも恵方巻はどうして食べられるようになったのでしょうか?

恵方巻の起源や由来と今年の方角を調べてみました。

 

恵方巻の由来と今年の方角

恵方巻の起源・発祥は諸説存在し、信憑性も定かではない。説としては以下のようなものがある。
江戸時代の終わり頃、大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで、立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとする説。
江戸時代末期から明治時代初期、大阪の商人(「船場の商人」とする資料も存在するによる商売繁盛の祈願事として始まったという説。起因として「厄落とし・縁起担ぎ」「船場にある階段の中段で女性が太巻きを丸かじりして願い事をした」「船場の旦那衆の遊び」が挙げられている。
豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が偶々節分の前日に海苔巻きのような物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしているという説。ただし、板海苔の誕生は江戸時代であることから、この説の根拠の乏しさが指摘されている。
1800年代のある年の節分の日に、大阪近郊の申村(現在の此花区伝法付近と比定)に住む老若男女が集まり、巻寿司を食す時に、切り分ける手間を省くために一本丸かぶりをしたというのを発祥とする説など。
出展:ウィキペディア

恵方巻の起源や由来には諸説ありはっきりとしていないとはびっくりですね!

恵方巻の食べ方は、太巻きを節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじり、もしくは目をつぶったまま丸かじりすると願いが叶うとされています。

ちなみに「恵方巻」という言い方は平成10年にセブンイレブンが商品名につけた名前でそれまでは「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻きずし」と呼ばれていたようです。

恵方巻以外の呼び方は知らなかったのでもしかするとセブンイレブンが商品を売るようになってから急速に世の中に広まっていったのかもしれませんね。

そして今年の方角は南南東とのことです。

 

スポンサードリンク

おもしろい思う恵方巻

最近ではお寿司の恵方巻に限らずいろいろなタイプの恵方巻が売られているようです。

おもしろい恵方巻が沢山あるようなのでご紹介します。

001

出展:http://news.mynavi.jp/news/2014/12/17/163/

こちらはほっともっとの恵方巻で人気商品の「のり弁当」「から揚弁当」を太巻きにしたもの。

普通においしそうですよね。

P2630573
出展:http://i.gzn.jp/img/2015/01/28/ehou-sub/P2630573.jpg

こちらはサブウェイの恵方巻、略して「恵方サブ」

長さは30センチもあるサンドイッチで値段は税込み680円とお手頃価格ですね。

ただし全店での販売されている訳でなないようですので事前にチェックが必要そうです。

それにしてもこれだ大きいと食べきれるか心配になってしまいますね。

001

出展:http://news.mynavi.jp/news/2015/01/07/238/images/001.jpg

目を疑うようなビジュアルの恵方巻。

誰かが悪ふざけで作ってるのかと思いきや、ちゃんと販売されていました。

その名も「まるごといわし巻」

まんまですね(笑)

回転寿司チェーンの無添くら寿司で1万本限定の限定発売のようです。

20150101220442

出展:http://sweets526.xsrv.jp/wp-content/uploads/2015/01/20150101220442.png

こちらは「恵方巻」の元祖、セブンイレブンの恵方巻ロール。

この恵方巻を1本丸ごと食べきるころには胸やけがしそうな気がします。

でも美味しそうなので普通にデザートとして食べたてみたいですね。

 

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

期間限定やイベントに弱い人間の心理をついたおもしろいアイディア満載の恵方巻。

毎年進化しているようなので、今後も楽しみですね。

私は今年は手作り恵方巻にチャレンジしてみようと思っています。

このおもしろ恵方巻を参考におもしろいものが作れるといいのですが。