animal_koumori

コウモリって人家にも住み付くんですね。

コウモリ=洞窟というイメージで、実際洞窟ではよくコウモリを見かけるので人家に住み付くコウモリがいるとは知りませんでした。

管理人が中学生の時に自転車で下校中、顔面にぶつかり飛び去っていくコウモリがいたので近くに洞窟でもあるのだろうと思っていましたが、彼らも何処かのお家に帰宅途中だったのかもしれません。

コウモリってよく見ると物凄く可愛いんですよ。

ですが糞尿を落としていくことから一部地域ではネズミやゴキブリのように扱われているんですね。

そこでいろいろ調べていく内にコウモリを駆除することで被るであろう代償があることを知りました。

これから駆除しようと思っている方には駆除する前に知っておいてもらいたいと思います。

 

コウモリの生態について

コウモリと一言で言ってもその種類は多く、世界には約1000種類もいます。

そのうち日本に生息しているコウモリの数は35種類と言われています。

このうち家に住み付くコウモリは「イエコウモリ別名アブラコウモリ」という種類のコウモリで、日本では最も身近なコウモリのようです。

コウモリは夜行性でほとんど目が見えません。

超音波を出して周囲から跳ね返ってくる超音波により位置情報などのさまざまな情報を得ているので暗闇でもぶつかることがないのです。

と言っても稀にぶつかってしまうおっちょこちょいなコウモリさんもいますが、それはご愛嬌と言うことで許してあげてください(笑)

以前TVでコウモリに噛まれて狂犬病になったという海外の話を見ましたが、日本に限ってはそのような事例はありません。

人間に感染する伝染病というのは日本に限ってはないのです。

かつては家に住みついたり入ってくるコウモリは縁起がいいとされていましたし、子宝に恵まれるというイメージもあって、めでたい動物として親しまれていました。

ところが伝統的なイメージが忘れ去られるとともに西洋の「コウモリは不吉な動物」であるとの概念が浸透して日本でも気味悪がられる存在となっていったようです。

そんなコウモリは鳥獣保護法の対象となっていて、絶滅危惧種に指定されている種も沢山います。

ですから許可なく捕まえて飼ったり殺したりしてはいけないのです。

コウモリ駆除を業者に依頼するとやってもらえるのは住み付いたコウモリを追い出して、戻ってこれない様に入り口を塞ぐという作業となります。

この作業を業者にお願いすると高くつくということで近年では自分で駆除しようとスプレーや薬品を用いてさっ処分する人がいるようですが、先ほども言ったように許可なく捕まえたり殺してはいけませんから違法になります。

そして違法に駆除することによりあなたは代償を支払うことになる可能性があります。

 

スポンサードリンク

コウモリを駆除することによる代償と対策

人家周辺を飛ぶ蚊などの害虫を捕食するため、アブラコウモリには益獣としての側面があります。

近年、ヒートアイランド現象によって高い気温が保たれ、小型昆虫が増えている都市部では貴重な存在なのです。

皆さんは自然の生態系を崩すことによる代償が大きいことはご存知でしょう。

例えば鹿の天敵だったオオカミが絶滅したことによりシカが激増し、食害が深刻化しています。

他にもハブ退治のために持ち込まれたマングースがハブを食べずに家畜や野鳥を襲うなどして、今では特定外来種に認定されています。

生態系の底辺にいる虫などもいなくなることで生態系は崩れ、いずれ人間の身にも降りかかってくることでしょう。

ではコウモリに対してどう対処すれば良いのでしょうか?

やはりコウモリ駆除業者がやっているようにコウモリを追い出し、次に戻ってきたときに入ってこれない様に入り口を塞ぐしか方法はありません。

業者に頼めないのであれば自分でするしかありません。

そしてコウモリが他の場所からまた入ってこないように、また他所の家に移り住まない様に、家の外の困らない場所に鳥箱のようなコウモリが住める箱を作り、そちらに移住してもらうようにすればよいと思います。

これは友人の話ですが、無農薬で家庭菜園を始めたところ、大量の虫が付いたそうです。

そこで一匹一匹を捕まえては一番端っこの野菜に移したところ、その野菜は虫食いでボロボロになったものの、他の野菜たちは無事に収穫でき、美味しく頂いけたということでした。

共存共栄ですね。

これなくして問題は永遠に解決しないと思います。

スポンサードリンク

最後に

コウモリを自分でさっ処分するなどして駆除することは違法です。

そして何より駆除することによる代償があることを忘れてはいけません。

自分さえ良ければという行動が、後々自分の首を絞めることになるということをお忘れなく。

共存共栄の精神で、物事を進めていけば悪い結果にはならないのではないでしょうか。

と言いながら自分にも言い聞かせています(笑)

是非皆さんも試してみてくださいね。

大コウモリの赤ちゃんでしょうか?可愛いですね♪

でも大人は羽を広げると1,5mにもなると言われているので、そばで見るとちょっと怖いかもしれません^^;

ですが、大コウモリの主食はフルーツや花の蜜とのこと。

吸血でなくてよかったです。