298617

生活習慣病のひとつである脂質異常症は、血液中のコレステロールと中性脂肪が多すぎる症状です。

進行すると動脈硬化や心筋梗塞の原因になるので日頃からの予防が大切ですね。

それではどんな食材がコレステロールをさげてくれるのでしょうか?

 

コレステロールを下げる食材とは?

サンマやイワシなどの青魚に含まれているDHAとEPAが不飽和脂肪酸です。

この青魚に含まれている不飽和脂肪酸のDHAやEPAがコレステロールを下げてくれます。

また油脂類には動物性脂肪と植物性脂肪があります。

バターやラードなど常温で固形化する動物性脂肪には、コレステロールや中性脂肪を増やす飽和脂肪酸が多く含まれています。

一方、オリーブ油やなたね油などの植物性脂肪は、コレステロールを減らす働きを持っています。

動物性脂肪と植物性脂肪はバランスよく取ることが大切なのですが、この不飽和脂肪酸が肝臓でコレステロールの生成を抑え、血液中のコレステロールを減少させる働きがあります。

ですから高コレステロールの人は、不飽和脂肪酸を含む青魚から動物性脂肪を摂取することが望ましいと言えます。

サンマやイワシ、カツオやサバなどを食事に取り入れてコレステロール対策をしましょう。

スポンサードリンク

DHAとEPAを効率よくとる方法とは?

魚に含まれる脂肪は、網焼きにすると溶けだしてしまいます。

また干物は、鮮度の良いものを取らないと酸化の恐れがあります。

青魚のDHAとEPAを効率よく摂取するには刺身やホイル焼き、汁ごと食べられるつみれ汁などにするとよいでしょう。

サケの色素アスタキサンチンにもDHAとEPAが豊富に含まれています。

アスタキサンチンは抗酸化力がとても高く、高コレステロールや高中性脂肪に効果があるだけでなく、認知症予防にも効果があると言われています。

DHAは脳の神経機能の発育や維持に関わっていて、DHAが不足すると学習能力や記憶力に影響があると言われています。

DHAを多く含む魚はマダラ、カツオ、ホッケ、ホンマグロ、ブリ、マイワシ、スズキなどです。

EPAは血液の凝固を抑制する働きがあります。

EPAを多く含む魚はマダラ、ホッケ、マイワシ、スズキ、カツオ、マダイ、ホンマグロなどです。

スポンサードリンク

最後に

青魚に含まれるEPAが痩せるホルモンを出す細胞を刺激して痩せられるとテレビで放送され、店頭からサバの水煮缶が姿を消したことがありました。

それほど人気があったサバの水煮缶も、今ではどこのお店でも見かけるようになりました。

缶詰でも十分DHAやEPAは摂取することができます。

サバの水煮缶だけでなく、イワシやカツオ、サケなどの水煮缶も同じようにDHAやとEPAが摂取できます。缶詰が苦手という方も調理次第で美味しく頂くことができます。

・サバの水煮缶そぼろ:サバの水煮缶の汁はきっておく(汁はスープなどに利用する)

ショウガのみじん切りとともに、フレーク状になるまで炒め砂糖、酒、しょうゆを大さじ各1杯を加えてさらに炒め、好みで七味やゴマを加えます。

高コレステロールや高中性脂肪の予防と対策のために、青魚を工夫して食べたいですね。