132865

油といえば、体に良くないとか太ると言ったイメージがありますが、良い油は私たちの体を作っている細胞や血液の材料となります。

ビタミンA、D、E、Kなどは油に溶けることによって効力を発揮するので、良質な油を摂取することが大切といえます。

植物油の多くは大まかにオレイン酸とリノール酸に分かれます。

オレイン酸はLDLだけを減らすので悪玉コレステロール対策におすすめです。

一方、リノール酸はHDLも減らしてしまいます。また、酸化しやすいのが弱点です。

リノール酸は、マーガリンやショートニングの原料です。

市販のドレッシングやマヨネーズ、スナック菓子に使われています。

また、リノール酸は大豆や小麦、コメなどにも含まれているため、本人が気付かないうちに多量摂取している場合があります。

 

体に良い油とは

・オリーブ油:悪玉コレステロールのLDLを下げるオレイン酸たっぷりのオリーブオイルは、酸化されにくい優れた油と言えます。

のどの渇きや痛みを抑制し、乾燥肌を改善します。腸を滑らかにする働きがあるので便秘解消効果もあります。

・ごま油:肌に潤いを与える働きがあり、乾燥肌の改善や便秘解消効果があります。

・亜麻仁油:亜麻という植物から採取された油です。

αリノレン酸、オレイン酸、植物繊維、リグナン、リノール酸を含み、脳梗塞や認知症の予防や高血圧の予防、アレルギー症状の緩和などに効果があります。

*亜麻仁油は加熱すると酸化して成分が変わるため、生で食べるようにしましょう。

・エゴマ油(シソ油):αリノレン酸を含み、アレルギー症状の緩和や高血圧の改善効果、コレステロール値の正常化、動脈硬化の予防に役立ちます。

*エゴマ油はシソ油とも言われます。

エゴマの実やシソの実から搾った油で、エゴマ油とシソ油は同じものです。

加熱すると酸化するので生で摂取するようにしましょう。

・ナッツ類:ナッツ類にはオレイン酸やリノール酸などコレステロールの低下作用のある脂肪酸が多く含まれています。

また、抗酸化作用の強いビタミンEも含んでいるので動脈硬化を予防する働きもあります。

 

スポンサードリンク

体に良くない油とは

 
・トランス型脂肪酸:体内で代謝されないので体の細胞の中に入り込み、細胞膜や細胞の働きを狂わせると言われています。

マーガリンやショートニングの材料に使われています。

*海外では使用をやめる傾向にあります。

・酸化した油脂:油は長時間空気に触れると酸化が進みます。

酸化した油をとると、血中のコレステロールがあがります。

 

スポンサードリンク

最後に

 
リノール酸はスナック菓子などに多く使われており、過剰に摂取しがちです。

子どもの好なフライドポテトなども時間がたてば酸化してしまいます。お惣菜の揚げ物も心配です。

揚げ物はなるだけ家庭で作りたいものです。

体に良いと言われる亜麻仁油やエゴマ油も加熱すると酸化してしまうので、生のままの状態でドレッシングなどに使うようにしましょう。

油類はとても繊細です。用途に応じた油を上手に利用しましょう。