123835

コレステロールや中性脂肪が高めの人はエネルギーを摂取しすぎる傾向があります。

ですからエネルギーを抑える必要があるのですが、炭水化物や糖質制限をしなくてもお腹いっぱい食べてもカロリーがゼロなためにエネルギーを接種しすぎることがない食材があります。

しかも身近な食材でいつでも簡単に手に入り、安くていろいろな調理法があります。

 

コレステロールや中性脂肪を下げるカロリーゼロの食材

そのカロリーゼロの食材とはきのこです。

きのこ類のほとんどはカロリーゼロのため、たくさん食べてもカロリーに影響しない嬉しい食材です。

きのこはコレステロールや中性脂肪を抑えるのにもっとも効果的な野菜といえます。

きのこ類にはビタミンB1やB2、カリウムが豊富です。

食事から摂取した糖質や脂質をエネルギーとして消費するためには、欠かすことができないのがビタミン類です。

ビタミン類が不足すると過酸化脂質が溜まって動脈硬化を招きやすくなりますが、きのこ類は植物繊維が豊富なのでコレステロールを下げて動脈硬化を予防してくれます。

スポンサードリンク

きのこ別、効果的で美味しいスープの作り方

・しいたけ:しいたけには免疫力を高めるレンチナン、コレステロール値を下げて動脈硬化を予防するエリタデニンなどが豊富です。

これらはしいたけ特有の成分で、生活習慣病の予防に効果的です。

気と血を補って元気をつけてくれるしいたけは、ガン予防にもなると言われています。

また、干ししいたけの方が栄養価が高く薬効もあるため、薬膳などにも用いられています。

薬膳スープ<干ししいたけと玄米スープの作り方>

水で戻した干ししいたけとその戻し汁、昆布、煎った玄米と鶏肉を入れて煮る。醤油少々で味付けします。

疲労回復や精神安定に効果があります。病中、病後の回復スープとしてもおすすめです。

・まいたけ:まいたけは免疫機能を高めるベータグルカンの効力がキノコ類の中で一番高いとされており、がん細胞の増殖の抑制効果があると言われています。

コレステロール値や中性脂肪値を下げる特効薬的なきのことして近年注目を浴びています。

薬膳スープ<まいたけと玉ねぎのスープの作り方>

まいたけと玉ねぎをみじん切りにし、オリーブオイルで炒め牛乳とチキンスープの素を入れて煮ます。風邪の予防や改善に効果があります。

・しめじ:血圧やコレステロール値を下げる働きがあるとともに、便秘や肌荒れを解消する食物繊維が豊富です。貧血防止の効果もあるため、女性にとってはありがたいきのこのひとつです。

薬膳スープ<しめじの味噌豆乳スープの作り方>

しめじはくせのない味なので、どんな野菜とも合います。冷蔵庫の中の余った野菜をみじん切りにしたものと一緒に水で煮て、味噌少々と豆乳を加えてスープにします。

 

スポンサードリンク

最後に

きのこ類はカロリーゼロでも、コレステロールや中性脂肪を増やさない優れた食材です。

食べ物はすべて薬となりますが、特にきのこ類は薬膳スープにすると免疫力が上がります。

薬膳とは中医学(漢方医学)に基づいた食材の薬効を利用した料理のことを言いますが、サプリメントより効果があるとも言われています。

カロリーゼロのきのこを接種して、コレステロールや中性脂肪を効率的に下げたいですね。