125629

ワカメやヒジキなどの海藻類にはカリウムが多く含まれており、このカリウムが血圧のコントロールをする役目をしています。

ワカメ、ヒジキ、海苔、昆布などは現代人に不足していると言われる食物繊維が多く含まれています。

海藻に含まれる水溶性植物繊維は、腸内の胆汁酸やコレステロールの吸収を妨げ、排出を促します。

ミネラルやカリウムも豊富で、血圧を下げる効果も期待できます。

低カロリーで食物繊維が豊富なので、海藻類も毎日少しずつでも取りたい食材の一つです。

 

海藻の効能

・昆布の力

昆布に多く含まれているアルギン酸やフコイダンは腸内で水分と一緒にコレステロールを包み込んで排泄を促したり、糖分の吸収を遅らせたりする働きがあります。

また、クロロフィルやベータカロテンなどの抗酸化作用が動脈硬化を予防します。

・海苔の力

海苔には、血液が固まるのを防ぐ働きを持つEPAが多く含まれています。

EPAは、高コレステロールや高中性脂肪、動脈硬化を予防するといわれている成分です。

海苔はEPAのほかカリウムやカルシウムも豊富です。

手軽に取れる食材なので常備して献立に取り入れるようにしましょう。

*EPAとは、血液の凝固を抑制する働きを持った成分です。

・寒天の力

寒天は海藻のテングサを原料に作られています。

テングサに多く含まれているのはアガロースやアガロペクチンといった多糖類の食物繊維です。

この食物繊維がコレステロールの吸収を抑制します。

また、食後の血糖値の上昇を緩やかにしたり、腸内環境を整えて便通をよくする働きなどもあります。

 

スポンサードリンク

海藻の調理法

<昆布水の作り方>

5㎝くらいに切った昆布をコップ一杯の水に浸して一晩おいた昆布水は有効成分が溶け出しているので、そのまま飲むと血圧の紺とろーり効果が得られます。

<ふかひれ風寒天スープの作り方>

棒寒天を水で戻し、かたく絞って一口大にちぎっておきます。

鍋に鶏がらスープ、しいたけの細切り、たけのこの水煮の細切り、かにかまぼこの細切りを入れて煮ます。器に注いで、万能ねぎのみじん切りなど青みを添えます。

 

スポンサードリンク

最後に

海藻類は副菜の添え物といった脇役のイメージがありますが、パワーは主役級です。

ワカメは、体にたまった余分な熱を取り除き、むくみや消化不良の改善に役立ちます。

また、ヒジキは血を補って貧血や乾燥肌の改善や抜け毛予防にも効果があると言われています。只、ヒジキを煮ものにした場合は醤油などによる塩分に気を付けることが大事です。

海藻類は血圧のコントロールをし、正常に保つだけでなく生活習慣病全般に効果があるので工夫して摂取するようにしましょう。