6cde7c4639608e158ac71e824dce78ff_m

豊富な種類

現在国内で取扱いがある種類は、ハイエースタイプのバンを使用している「バンコンバージョン」や、トラックの改造などを行い荷台に居住スペースを用いた「キャブコンバージョン」、マイクロバスをモデルに使用した「バスコンバージョン」、アメリカなどではクラスAとよばれている、居住スペースやその他に全て架装を加えたもので、「フルコンバージョン」、けん引されて使うタイプの「トラベルトレーラー」、トラックの荷台に居住スペースがある「トラックキャンパー」などがあります。

最近では、少人数に適している軽自動車タイプの小型のキャンピングカーも人気です。

スポンサードリンク

種類選びのポイントは、理想の旅イメージから

キャンピングカーといえば旅ですよね。

日本では昔の映画で「男はつらいよフーテンの寅」が有名でした。

寅さんは好きな時に、行きたい場所へ思いのままにいろいろな土地へ旅しましたね。現実にはそう簡単にはできませんが、近頃のくるま旅ファンにとって、キャンピングカーは旅のお供になる欠かせない存在です。

思い立ったらすぐ遠くへ行ける、ホテルの予約も食べ物や寝床も心配する必要がない自由。

これから購入を考えている方はまず自分の旅スタイルをイメージすることからはじめましょう。

多数の種類から選ぶには、何の目的でどの位の人数で使い、機能性はどこを重視するのかを明確にします。

そして最も重要なのは、キャンピングカーを購入する目的は何かを知ることです。

旅で家族との思い出を増やしたい、第二の人生を見つめ直すなど皆さんが思い描くものを明確にしましょう。

そして、予算や機能に関しての優先事項の項目を一度紙に書き出して見てください。とても大きな買い物ですから、簡単には決めずに慎重に行きたいところです。

スポンサードリンク

キャンピングカーの魅力

最近のキャンピングカーは、外見や機能性も向上しています。

いつでも旅にでかけられますし、寝泊りも車内でできるので時間に縛られません。

好きな時に、行きたい場所へ旅立てます。

家にいるときと同じくトイレも使え、台所スペースで料理をして家族団らんの食事も楽しめます。

テレビを見たり外から見える新鮮な景色を眺めたりと、周りに惑わされずに独自の旅を味わえるのが最大の魅力です。

旅は五感を最大限に使う素晴らしい経験です。

それは小さな子供から定年を迎えたご年配の方など、年齢に関係はありません。

実際のところ、キャンピングカーはレジャーのみならず、災害時の緊急避難に利用したり、その広い利便性は今後ますます人々からの注目を浴びるでしょう。