IMG_0095

普通免許で運転できる範囲

現在は、大型バスのように大きなキャンピングカーでも普通免許で乗ることが可能です。

その運転できる範囲は、車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満、乗車定員10名以下です。

しかし、平成19年よりも前に取得していれば、車両重量は8トン未満で、最大積載量が5トン未満の中型車に乗る資格があります。

実際のところ、今の普通免許には車に対するサイズ制限がありません。

したがって重量などで上記を満たしていれば、長さ12メートル、幅2.5メートル、高さ3.8メートルまで運転できます。

これは、幼稚園のスクールバスなどと同じサイズです。

ちなみにトレーラーだと、けん引される車の重量が750キログラム以下だとけん引免許はいりません。

しかし、750キログラムを超える車両重量の車をけん引する場合には必要です。

マイクロバスを元にしたバスコンバージョンタイプでは、11人以上乗ることができますので中型免許です。

しかし、バスコンの場合は乗車定員が10人以下なので、普通免許での運転が可能です。

普通免許で大体のキャンピングカーを乗ることができるのはうれしいことですよね。

これからキャンピングカーを利用したい方にとっては良いニュースです。

日本にある大体のキャンピングカーは、普通免許で運転ができるとわかりました。

大型バスのような車両を利用している方はあまりいないと予想されます。

外国からの輸入車などは車両総重量が5トン以上のタイプがあります。

それでは普通免許だと乗れないのでは、と思われるかもしれませんが、平成19年より前に取得したものに関しては、車両総重量が8トン未満までなら運転が可能な中型限定免許です。

なので、キャンピングカー利用者にとっては、普通免許でほとんど問題なく乗ることができるのです。

アメリカではクラスAと呼ばれる巨大なキャンピングカーが多く存在します。

日本とは異なる広い土地柄で、駐車スペースも十分にあることも関係するのでしょうか。

観光バス以上に大きなタイプや、トレーラータイプも多くあります。

しかし、アメリカのキャンピングカーでも、基本的には特殊な免許なしで乗る場合が多いですよ。

スポンサードリンク

法律の変化を知る

前述した内容を知り、普通免許でバス並の大きなサイズに乗れると驚いた方が多いのではないですか。

現段階では、普通免許を保持している方は大きいサイズまで運転できるのです。
しかし日本の法律は常に変わります。

キャンピングカーを利用している方は、常に法律改正の動きに敏感でいてください。

そうすれば、後でトラブルになるのを防ぐことができます。
「2016年現在」