1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_m

右胸にしこりが見つかったのは6月半ばごろ。

何気に胸を掻いていたら固いものに触れたので、あれ?と思ってしっかり触ってみると間違いなくそれは「しこり」でした。

ちょうどその頃芸能人の小林麻央さんが乳がんということで海老蔵さんが記者会見をした後だったので何かと話題になっていた時期です。

私はここ数年テレビを見てないのですが、携帯やPCでネットサーフィンをしていると嫌でも目に入ってくるので知ってはいました。

世間では騒がれていたようでしたが私は「他人事」で全然気にもとめていなかったのですが、しこりが見つかった時はさすがに一瞬頭の中が真っ白になってしまいました。

ネットでいろいろ調べてみたけどやはり見てもらわないと分からないだろうということで、早速予約を取ることに。

その時、2年に一度安くで受けられる市の乳がん検診をここ数年受けていなかったことを思いだし、役所に問い合わせたところ、指定の病院での受信が条件だったので指定の病院を教えてもらってから予約を取りました。

北斗晶さんや小林麻央さんの影響か、乳がん検診を受ける人がこのところかなり増えているとのことで近い日にちは予約が埋まっていて、取れたのは月末でした。

初めてのマンモグラフィー



これまでにも乳がん検診は何度か受けたことはありましたが、いつもエコーと触診のみだったのでマンモグラフィーは初めてです。

友人から「痛い」と聞かされていたので避けてきたのですが、今回ばかりはどこの病院もマンモグラフィーしかなかったのでついに観念したわけです。

順番が呼ばれるとレントゲン室に入り、そこで上だけ脱ぎます。

看護師さんがレントゲンを撮る手伝いをしてくれるのですが、うわさ通りマンモグラフィーは痛かったし、ほとんど拷問でした。

上下・左右の2方向から胸に板を挟んで撮るのですが、これでもか!ってくらいに胸を根元から挟んで潰し、撮る直前にはさらに締め上げられます。

看護師さんは申し訳なさそうに「ごめんね、ごめんね」といいながら容赦なく締め上げるのですが、痛みのあまり自然と涙がこぼれ落ちてました。

レントゲンの撮影自体はすぐ終わるものの、この「板に挟む」のがものすごく時間がかかって大変でした。

なんとか撮影も終わって待合室で待っていると、今度は触診で呼ばれました。

触診って嫌だなと思っていたら女医さんだったのでちょっと嬉しかったですね。

しこりがあることを伝えると上だけ脱いで、先生の方を向き、直視。

次は両手をバンザイにして直視。

どうやら悪性の腫瘍の場合は胸の形がいびつ(突っ張る?)になるようで、左右に違いはないかをチェックしているとのこと。

そして診察室に横になり触診です。

私は昔から乳腺が張っているので生理前じゃなくても触られると痛いんですよね。

だから触診は結構辛いんですけど、中でもしこりのあたりはグリグリ抑えて回すのでめっちゃ痛かったです

グリグリしながら「このしこりはよく動きますね」と先生。

悪性の腫瘍の場合は動かないのだそうで、一安心しました。

先生の見解では良性の腫瘍だろうとのこと。

気になるようであればエコー検査もするように言われましたが、大丈夫だろうと思いこの時は受けませんでした。

ちなみに市の検診は女性なら誰でも2年に一度受けられ、費用は1000円です(最寄りの市町村に要確認)

 

スポンサードリンク

検査結果は要精密検査



先生の見解では良性とのことだったし、悪性であればそのまま家に帰さないだろうと思っていたので安心して検査結果が届くのを待っていました。

検査結果が家に届いたのは1ヶ月後。

封を開けてみるとまさかの「要精密検査」の文字にちょっとビックリしてしまいました


ですが恐らくシコリがあるということで念のための精密検査だろうと思い、一応受けることにしたのですが、なぜか精密検査の指定病院はまた別で、予約をしていったものの前の病院で撮ったレントゲンは持ってきてますか?と聞かれ、そんなものは持ってくるように言われてなかったのでちょっととなってしまいました。

ここの病院でももう一度レントゲンを撮ることはできますよと言われましたが、また痛い思いをしてお金を払うのも嫌ですし、何より1ヶ月前に被爆したばかりなのにまた被爆するというのはどうも不安だったので、後日レントゲンを持ってくることにしてその日は帰りました。

レントゲンは貸し出して、終わったら返すように言われていたのですが、病院側が間違って他の方のレントゲンをCDにコピーしたものを渡してくれたお陰で、CDにコピーすることができて返却不要ということがわかり、また返しに来るのは面倒だったので私もCDにコピーしてもらうことに。

これは無料でしてくれましたし、ものの数分で焼いてくれましたから、レントゲンを持っていかなくてはならなくなった場合はCDにコピーしてもらえるか聞いたほうがいいです。

 

スポンサードリンク

エコー検査と病理検査

改めて予約を取り直し精密検査を受けるまでマンモグラフィー検査から2ヶ月が経っていました。

ここの病院も女医さんでした。というより女医さんがいることを初日に知ったのであえてその日に予約を取りました。

先生がレントゲンを見たところ、だいぶ白く写ってますね、ということで(乳腺がはっているから)エコーですぐみることに。

まずは触診です。

シコリのある部分だけ確認してからすぐにエコー検査に移りました。

上半身を脱いでベッドに横になると温められたジェルを胸に塗られ、エコー検査器で塗り広げながら見ていきます。

先生に「恐らく良性だと思いますが、念のため病理検査もしておきますか?」と聞かれました。

これもうわさで「痛い」と聞いたことがあったので悩んだのですが、二人の先生が良性だろうとの見解だったのでもういいかな?と思って病理検査までは受けないことにしてジェルを拭いて着替えたのですが

良性だったらそのまま小さくなって消えるものだと勝手に思い込んでいたのですが、良性でも大きくなる場合はあるし、3センチまで大きくなったら大体切りますと言います(病理検査で問題がなくてもシコリのすべてを検査できるわけではないので念のため)

もちろん切らずにそのまま置いておく人もいるけれど、と。

私の場合は2センチでした。

私はここ数年乳がん検診を受けていなかったため、いつ頃シコリが出来てどのくらいの速度でその大きさになったのかが分からなかったので安心はできないとも言われ、念のため半年に一度は定期的に診察を受けるよう言われたのです。

病理検査を受けて問題がなかったとしても半年に一度は検査をしたほうがいいとのことで、消えてなくならないのなら不安だし、やはり病理検査も受けておいたほうがいいのかな、と思い、すぐに出来るというのでお願いすることにしました。

するとまた脱いでジェルを塗ってエコーでシコリの場所を確認しながらシコリの細胞を取るのですが、細胞を取るのは痛いらしく胸に局所麻酔を打ってくれました。

ですがっ!この注射が痛かった!

ただ刺すだけならチクっとするのを我慢するだけなのですが、麻酔が効いてるか確認するためなのか注射をグリグリするんですよ

 

痛い!!って思わず叫んでしまいました

 

すると先生「痛いねー、これは?まだ痛い?」と相変わらずグリグリしながら3、4箇所は打ったでしょうか。

痛みを感じなくなったところで本番の細胞を取るための太い針を刺すのですが、1本目は痛みがあって、過呼吸になったのか気分が悪くなる始末。

深呼吸をしながら少し休憩して4箇所細胞を取ったようです。

その際、大きなホッチキスを止めるような「バチンっ」って音がするのですが、これは一体なんの音なのか?疑問に思ったものの、怖くて局部を直視することはできませんでした。

細胞を取った後は血が出るらしくガーゼとテープでしっかり貼られ、今日はお風呂に入れないとのこと。

まだ9月とはいえ朝夕は涼しくなってきて汗をかくこともなかったですし、この後美容室を予約していたのでちょうど良かったかもしれません。

料金ですが、初診でエコー検査と病理検査を合わせて7830円でした。

検査結果は1週間後。

恐らく良性との結果だと思いますが、また検査結果がわかり次第追記します。

病理検査の結果(追記)

今日、検査結果を聞きに行ってきました。

シコリの正体は「線維腺腫」と判断されました。

線維腺腫は、10~20歳代の女性によくみられる、乳房にしこりができる病気です。 線維腺腫のしこりは境界がはっきりしていて、よく動くのが特徴です。 良性腫瘍に分類されることが多いのですが、この病気は腫瘍ではなく、正常な細胞が過剰に増えてできたもの(退形成)です。 線維腺腫は2~3cm以上に大きくなることは通常ありません。

良性のシコリと知って、まずはホッとしました。

今回も先生には、良性が悪性になることはないが、すべての細胞を取って調べたわけではないし、いつ頃シコリができてどのくらいの速度で大きくなったかわからない限りまだ断定はできないと言われました。

そして毎年マンモグラフィー検査を受けるのはもちろん、半年後にもう一度エコー検査を受けに来るようにと言われました。

ちなみにですが、今の段階でもしシコリを全摘する手術をすることはできるのかと聞いてみたところ、それは可能で、局所麻酔の場合は日帰りでできるそうです。

費用は3割負担の方で2万〜3万とのこと。

もういっそ取っちゃった方が気が楽かもしれませんね。

でも先生には、「あの麻酔の注射であれだけ痛がってたからねぇ」、と言われ。。。

そりゃ手術するときは覚悟決めてやりますけどね!

先生はちょっと不安みたいでした

とりあえずしばらく様子を見てみようと思います。