live-339496_1280

トレーラーハウスの魅力を知る

キャンピングカーのトレーラーハウスはアメリカが発祥の地です。

米国映画にもよく出てきますし、多くのアメリカ住民の方が利用しています。

有名俳優のウィル・スミスも私用で愛用しています。

こうした影響を受け、日本でも徐々に広まっています。

旅行を兼ねつつ、家にいるときと変わらない生活ができる良さが魅力です。

価格は中古と新品ともに安くて100万弱から400万円位が相場です。

設備によってはそれ以上の価格もあります。

日本の車検でも適合できるように、多くのキャンピングカー全般を扱う業者が増えています。

その中でも「エアストリームジャパン」は有名です。

この会社は、アメリカのオハイオ州にある、本社エアストリームの正規輸入元です。

キャンピングカー文化の広まりに貢献している会社の一つです。

豊富な種類や基礎知識、メンテナンス、イベントや展示会などファンには見逃せない価値ある情報があります。

ホームページへアクセスしてみてください。

キャンピングカーに対して見方が変わるかもしれません。

スポンサードリンク

トレーラーハウス 知って得する法律

設置の方法により建築物か、そうでないかが判断されます。

走行ができる住居であれば、非建築物として取扱いされます。

したがって固定資産税や不動産所得税の支払いがありません。

また、けん引されないと走行できないので、非車両扱いになり自動車税を納める義務がありません。

しかし、建築物と扱われないように以下に気をつけましょう。

走行の際に邪魔になるベランダやポーチをつけると建築物と判断されるので注意が必要です。

すぐに動ける状態である、水道電気などのライフラインの取り外しが容易にできるようにしましょう。

これらが守れないと住居扱いされ、建築確認申請として許可されて、税金の支払い義務がでます。

また、車両総重量が750キログラム以上だとけん引免許が必要です。

道路交通法上では次が注意点です。

一般道で安全性を保ち走行できるサイズであるのが必須です。

実際には、幅2500mm、高さ3800mm、長さ12000mm以内であることで、走行する際は自動車登録証の交付を受けていること。

重量750キログラム以上だと、けん引免許が必要です。

車庫証明や車検も必要であり、移動中にはトレーラーハウスに乗れません。

スポンサードリンク

トレーラーハウスの今後

トレーラーハウス関連の法律は「一般社団法人日本トレーラーハウス協会」を参考にしました。

この協会では、レジャーのみならず、緊急の災害時にもトレーラーハウスを活用できるように社会貢献に前向きです。

一度ホームページにアクセスして、正しい法知識を取り入れましょう。