old-1617518_1280

トレーラー車検について

キャンピングカートレーラーも一般車と同じく車検があります。

まずは業者に頼むか、自ら行うユーザー車検にするかを決めることから始まります。

その際は、トレーラーの扱いをしている業者を探してくださいね。

基本的にトレーラーは一般自動車に比べると、エンジンやモーターなどを持っていません。

ですから、費用もキャンピングカーよりは安くなります。

車検の期間は2年に一回あります。

業者に依頼する際に出てくる支払い項目は、書類代、車検費用、検査手数料、重量税、自賠責保険料などに加え、整備料や車検代行料が追加されます。

大体の費用ですが、どこも修理をしない場合ですと、業者が行うと約4万~7万位で、ユーザー車検では約2万円位が目安です。

細かい金額については、ご利用予定の陸軍局、検査場、整備工場などにお問い合わせください。

必要書類や費用は地域により異なる可能性があります。

スポンサードリンク

トレーラー車検、ポイントや注意点

外部にお願いするにしても自らで行うにしても、わかる範囲であれば検査全般に何が必要になるのかの事前準備を行いましょう。

初心者の方は、業者にお願いすることをおすすめします。

整備関係に強い方や自らで修理が可能な方は、検査項目などをインターネットからダウンロードできますので、ご自身で確認をしてください。

一度車検切れを起こしますと、その後に継続車検としては受けられませんよ。

新規としての手続きをやり直す必要があるので注意です。

また普通免許での許容範囲は750kgなので、重量オーバーには気をつけましょう。

トレーラーの検査内容には、車両内の寝床やキッチンのコンロ、タンク類などの各種設備、ブレーキや電気関連があります。

トレーラーに関する検査項目は事前に調べることができます。

業者に頼むのか、またはそうでない場合も、検査前にはご自身で簡単なチェックをして準備することをおすすめします。

トレーラーは車両扱いですが、自走ができないために税金などが安くなります。

年間にかかる自動車税は約1万円前後です。

ちなみに自賠責保険は2年で5,000円前後です。

キャンピングカーに比べても維持費が安くお得な車両です。

車関係の手続きは、ほとんどの利用者にとって面倒な仕事ですよね。

しかし、本来2年おきにする検査の目的は、運転者とその周りの家族、および道路を使う全ての方が安全に運転するためです。

楽しい充実したくるま旅にするためにも、現在の法律を守り、車両の検査も怠らず、良識あるドライバーでいましょう。
「2016年現在」