6c56f972feaf960db0560e9ff4316568_s

湿疹ができる原因はいくつかある

犬の体に湿疹ができる原因は幾つかあります。

ただし湿疹ができる場所によっては、体毛に覆われている場合、湿疹ができていても見逃してしまう事があります。

犬の湿疹原因として考えられるのは、ノミやダニ、アレルギー体質、感染症、ホルモン異常、栄養不足などです。

特にアレルギー体質でもなく、ノミやダニもいない、感染症も起こしていないのに湿疹ができる場合は、シャンプーのしすぎが原因となる事もあります。

湿疹ができる原因や症状によっても異なりますが、湿疹ができている時は痒みを伴う事が多く、犬はそれを我慢する事が出来ません。

かゆみが治まるまで手や足で引っかき続けますし、口が届くところは舐めたり噛んだりして炎症をひどくしてしまいます。

皮膚炎を起こしている時には、免疫力の低下も考えられますので、早急な対処が必要です。

スポンサードリンク

犬にも個体差がある

犬も人間と同じようにそれぞれの個体が異なる体質を持っています。

これは同じ親犬から生まれた兄弟犬でも違いはあります。

生まれつきのアレルギー体質の犬もいれば、ドッグフードや生活環境が原因で湿疹ができてしまう事もあります。

いずれの場合も湿疹が出来た以上は、原因を確かめそれを改善しない限り、湿疹は治りませんし、治療で一旦治ってもすぐに再発してしまいます。

スポンサードリンク

毛のない部分にできる湿疹

犬の湿疹が毛のない部分にできている場合は、常に犬の状態を観察していれば比較的早く気づく事ができます。

これも個体差はありますが、例えばドッグフードが合わないような場合は、食物アレルギーとなりますので、お腹や肛門の周りなどに湿疹が出やすいので注意深く観察しているとすぐにわかります。

犬も痒みがあると我慢できずに引っ掻いたり噛んだりしますので、行動からもある程度は把握できるでしょう。

全身に湿疹ができる場合、お腹や肛門周辺、手足など目に付きやすいところにもできますが、体毛があって見えないところにある湿疹はなかなか見つけられない事があります。

痒みがある場合は引っ掻くのでわかりますが、痒みがない場合は見過ごしがちです。

犬のブラッシングを毎日の習慣にすると、血行促進や毛が絡まるのを防ぐ効果もあります。

ダブルコートの犬は、綿毛が抜けきらないと蒸れて皮膚炎を起こす事があります。

これはブラッシングをする事で予防できますので、ブラッシングにはメリットも多いのです。

もしも湿疹が出来ている場合は、なかなか飼い主さんでは判断できないので、動物病院で診てもらい、適切な治療をしてください。