97b679fec588a88fdf73a038725b52c5_s

犬のリウマチは関節炎の一種で、体内の免疫機能の異常が原因で起きてしまう病気です。

リウマチは若年期に発症してしまうと進行が早くなってしまい、症状が重くなってしまうことも考えられます。

一般的には手首と中手指関節に発症することが多いのですが、膝関節に症状が出てしまう犬もまれにいます。

関節リウマチの症状が出やすい犬とは?

関節リウマチは比較的小型犬に多く見られる病気で、発症年齢は様々ですが中年齢くらいまでの犬の発症率が高いです。

どんな犬種でも関節リウマチになってしまう可能性があるのですが、特にシェットランドシープドッグやシーズー、マルチーズやプードル、ミニチュアダックスフンドなどは若年齢の頃から発症しやすいと言われています。

関節リウマチはこのように年齢や犬種に関わらず、発症する恐れがあるため日々の生活で気をつけておく必要があります。

スポンサードリンク

犬が関節リウマチになってしまう原因は解明されていない!?

体に害がある物質や細菌などを攻撃する免疫力が、関節を構成している滑膜や軟骨などを誤って攻撃してしまうことが原因だと言われています。

免疫力が誤って滑膜や軟骨などを攻撃してしまう理由はいまだに解明されておらず、自己免疫が病気の発症に関わっているものとだけ言われています。

全身性エリテマトーデスや多発性筋炎、結節性多発性動脈炎といった自己免疫疾患といわれる病気の症状と考えられていて、多発性関節炎をひき起こすケースもあります。

関節リウマチを発症した犬の大半が原因は不明となっていて、病院では特発性の関節リウマチだと言われてしまうことも多いです。

スポンサードリンク

関節リウマチによくみられる症状とは?

症状としては人間にも見られる通り、朝起きたときにリウマチ特有の関節部のこわばりと痛みがあると言われています。

また、関節部分が腫れあがってしまうことで、歩行障害が出て歩けなくなってしまったり、歩くのが遅くなってしまうこともあります。

関節リウマチの特徴としては、左右対称に関節の腫れが起こり進行していくという特徴があります。

犬の関節リウマチは慢性化してしまうのが一般的で、進行性の高い病気であると言われています。

症状としては発熱や食欲不振、関節の腫れや運動をしたがらなくなる、足を引きずるように歩くという症状が見られるようになっていきます。

症状が進行していくことで関節の変形が進んでいき、痛みや歩行障害がひどくなっていくと考えられています。

関節リウマチが進行しすぎてしまうと立ち座りの動作が次第に大変になっていき、最悪の場合は歩行自体が出来なくなってしまうことも考えられます。

関節リウマチは薬の投与で治療を行っていくのですが、早期発見にこしたことはありません。

適切な判断をして薬の投与ができた場合は、早くて2週間程度で治ってしまう犬もいます。

犬にこれらのような症状が見られる場合は、様子を見るのも大事ですが放置せずに病院で見てもらうようにしましょう。