567aca003afabe885dff19c92f3e9178_s

犬のアレルギーの種類

犬のアレルギーにはいくつか種類があります。

犬のアレルギーで最も多いのは、ノミやダニアレルギー、アトピー性皮膚炎です。

最近は食物アレルギーも増えている傾向が見られます。

アレルギーの種類により症状も異なります。

ノミやダニアレルギーの場合は、アレルゲンとなるノミやダニが寄生しないよう駆除を行い、飼育環境を清潔にするなどで対処できます。

ノミやダニアレルギーは虫に噛まれたところが赤くなり、痒みを伴います。

痒みを伴うので犬は我慢できずに引っ掻いたり、噛んだりするので、その部分が赤く腫れるだけでなく、部分的な脱毛が見られる事もあります。

ノミの場合は全身に広がりやすく、毛をかき分けると湿疹以外に、ノミの糞が見られます。

ダニは口先が簡単には抜けないようになっているので、血を吸い体が大きくなり自然に落ちるまでそのまま寄生しています。

ダニを見つけても無理に引き抜こうとすると、ギザギザの口先だけ皮膚に刺さったまま残ってしまうので、無理はせず動物病院で対処してもらいましょう。

飼育環境を清潔にする事も大切ですが、散歩の時に草薮に入る事でノミやダニを拾ってしまう事が多いです。

ノミやダニの季節になったら、ノミダニ予防をしておく事で防げます。

スポンサードリンク

犬のアトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎は生まれつきの体質も関係しているので、飼育環境を清潔にする事、体を常に清潔にする事も大切ですが、ドッグフードも原因となるのでアレルゲンを確かめそれを排除する事も大切です。

犬のアトピー性皮膚炎も仕組みは人間のアトピーと同じです。

個体差もありますが、症状が出るのは口や耳、目の周り、胸、指先、お尻、お腹、脇や肘などです。

犬のアトピーも肌のバリア機能が低下している状態です。

内服薬、薬浴、漢方などでも治療できますが、脂肪酸を多く含むドッグフードに切り替える事で症状が軽減される事もあります。

スポンサードリンク

犬の食物アレルギーの原因

食物アレルギーは原因がドッグフードやおやつ、人間の食べ物を与える事で起こります。

人間の食べ物を与えていない場合は、ドッグフードかおやつにアレルゲンが含まれているので、アレルゲンを確かめそれを排除するのが一番です。

ドッグフードに使用されている原料には、食物アレルギーの原因となる物が意外と多いです。

症状はアトピー性皮膚炎と同じ場所にできますが、全身に広がる事もあります。

アレルゲンを摂取し続ける限り、症状は改善されませんので、フードローテーションなどで対処して行くことでアレルギー症状を抑えることができます。