bbcd6d61d16289a0a51105e3c26bda15_s
乳がんと聞くと、費用の面でとても不安になってしまう人も多いでしょう。

入院費や手術費、乳癌手術後に使用する抗がん剤に対する費用など、多くの金額がかかるようになるため、自分が払えるのか心配になってくると思います。

ですが、日本の制度では社会保険や国民健康保険、高額療養費制度がありますので、費用を最小限に抑えてベストな治療を受けることができます。

乳がんの治療では保険が適用されるものもある

乳がんでは抗がん剤や手術などを行うことにより、費用が高いと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、乳がんの治療においては社会保険や国民健康保険が適応されるものもあります。

社会保険や国民健康保険が適応されるものであれば、治療にかかる費用を全て自分自身で支払う必要はありません。

通常、病院に通う必要が生じる際は治療費が3割負担となるように、乳がんの治療に対しても同様の負担額となります。

社会保険や国民健康保険が適応されるものには、外科的な手術や乳癌手術後に使用する抗がん剤の費用、放射線治療やホルモン療法などが適応されます。

ですので、乳がんの治療にかかる費用は、ほぼ社会保険や国民健康保険が適応されると考えていた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

実際にどのくらいの費用がかかるの?

乳がんにかかり、乳がんの手術を行った場合は、1〜2週間の入院で約60〜70万円程度かかることになります。

しかし、入院する期間は患者さんや乳がんの進行状態が関わってしまうため、一概にこれくらい費用がかかるということはいえません。

乳がんの手術をした場合は、この費用から3割負担となるため、20万円程度ではないかと考えられます。

抗がん剤での治療は、手術前と乳癌手術後に使用する場合もあり、費用としてはCMFで半年間で約10万円です。

さらに、抗がん剤のAC+Tを使用した場合は、半年間で約70万円程度かかります。

ここから3割負担を考えるとCMFの場合で3万円程度、AC+Tの場合だと25万円程度かかると考えられます。

放射線治療を行った場合は25回で約30万円の費用となり、3割負担ですので10万円の費用がかかるということになります。

ホルモン療法では抗エストロゲン薬を使用する場合と、LH-RHアゴニスト製剤を使用することで費用が異なります。

抗エストロゲン薬を使用するのは乳癌手術後で、5年間の投与で約85〜100万円となり3割負担で約10万円程度です。

LH-RHアゴニスト製剤で治療を続けて行く場合は、2年間の投与で約130万円かかり約40万円の自己負担となります。

スポンサードリンク

入院にかかる自己負担額を減らすこともできる

高額療養費制度というものがあることをご存知ですか?

高額療養費制度は乳がんの治療に対しても利用でき、1ヶ月の医療費が自己負担額を超えてしまった場合、差額分が支払われます。

この高額療養費制度というのは、上位所得者(月額53万円以上)や一般所得者、低所得者に分かれていて自己負担額も異なります。

自己負担の上限額は年収や年齢に関係し、例え治療費が100万円以上かかったとしても、年収が500万円であれば自己負担額は約9万円で済むのです。

これは乳がんの手術にかかる費用や、乳癌手術後に使用する抗がん剤に対する費用についても適応ですので、乳がんを治療して高額な費用を請求された際には手続きを行うようにしましょう。

手術に対する費用や乳癌手術後に使用する抗がん剤の費用に関しては、あまり心配しなくても良いといえるでしょう。

しかし差額ベッド代や入院した時の衣類代、洗濯代やテレビ代、冷蔵庫代などは適応外であり、全て自己負担となります。

また、乳房を手術で全提出してから新たに乳房の再建を行う場合も、自己負担となりますので注意しましょう。