56207e411b0b1a226313257fe4782523_s
乳がんにかかる可能性が高い現代では、乳がんに関する関心も高くなっています。

女性の中には、乳がんがとても怖い病気だと知って、定期的に乳がん検査を受ける人も多くいるでしょう。

定期的に乳がんの検査を受けていたとしても、乳がんにかからないとは言い切れませんので、保険に入っておいた方が良いと思います。

乳がんが心配なら女性特約のがん保険に入っておく

女性特有の病気や発生率の高い病気で入院した際に、通常の医療保険の内容や給付金が受け取れるというものがあります。

女性特約の保険とは、女性がかかりやすい乳がんや子宮がん、胃がんや直腸がん、肝臓がんや肺がんなどにかかった場合に支給されるがん保険です。

例えば乳がんを発症してしまい、社会保険や国民健康保険、高額療養費制度を利用したとしても、自己負担額は少なからずあります。

がん保険にプラスして、女性特有の病気を保障してくれる保険に入っていれば、自己負担額をさらに減らすことも可能です。

乳がんというのは若い人でも発症してしまう可能性があるため、高額な自己負担は減らしたいと考える人も多いと思います。

そんな万が一のために、ガン保険に女性特約をつけておくと安心できるでしょう。

スポンサードリンク

がん保険に特約をつけることで保険料は高くなる

通常のがん保険に対して女性特約をつけると、入院したり手術をした際に給付金が受け取れます。

もしもの時に使用できますので、がん保険には女性特約をつけておいた方が良いといえるでしょう。

しかし、がん保険に女性特約をつけ加えることで、当然保険料は高くなってしまいます。

がん保険に女性特約をつける際には終身タイプが一般的となり、30〜50代の女性にかかりやすい乳がんに手厚い保障が受けられます。

女性特有の病気というのは、いつ発症するかが分からないこともありますので、がん保険に入っておくだけではなく女性特約をつけておくと安心できるでしょう。

契約する保険会社にもよりますが、初期の段階で発見されたがんに対してや、中期のがんや末期のがんに対して診断された時点でしっかりとサポートしてくれます。

スポンサードリンク

がん保険の女性特約に入るとなぜ安心なの?

がん保険の女性特約に入ることで、初期のがんや中期のがん、末期のがんだと診断された場合は50〜200万円程度の診断給付金がもらえます。

保険会社によって給付金には違いがありますが、最大200万円程度の一時金が受け取れます。

また、入院となった際は入院給付金が入るようになり、1日あたり5000〜2万円程度の負担が減らせます。

退院した際には退院給付金が受け取れるものもありますので、がん保険に女性特約をつけたいと考えている人は、様々な保険会社に聞いてみた方が良いでしょう。

女性特約のがん保険の特徴は、がんだと診断された際に給付金が受け取れますので、社会保険や国民健康保険を使用しても負担額が大きい時に使用できます。

また、高額療養費制度を申請している時なども、治療費の支払いに困ることはありません。

がん保険に女性特約をつけておくだけで、安心感は増すと思われます。

通常のがん保険であっても、給付金や手術にかかる費用を負担してくれるというものもありますが、女性特約とは違って手厚い保障をもらえることは少ないでしょう。

がん保険に入ろうと考え始めている、もしくは今入っているがん保険を見直す場合は、女性特約をつけることをオススメします。

保険によっては入院して2〜5日程度経たないと、入院保障が受けられないものもあります。

特に昔の保険を継続して契約をしている場合は、1日目から入院保障を受けられる保険に見直した方が良いでしょう。

今入っているがん保険に女性特約をつけることで、30〜50代の女性は特に安心できると思います。